読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2019年10月30日のイベント

  • 2019/10/30(水)18:30-20:00
    アマゾンを守れ!ーー気候危機を考える♯2

    世界最大の熱帯雨林・アマゾンが危機にさらされています。開発重視の現政権の誕生に伴い不法伐採が加速する一方、放火や野焼きによる大規模火災も頻発。地球温暖化への悪影響や生物多様性の喪失が懸念されています。現地で8月から消防団設立の支援に当たっているNPO「熱帯森林保護団体」代表の南研子さんが緊急報告。生物多様性に関わる科学者の世界的組織「IPBES」の第一次報告書を執筆した慶應義塾大学教授の大沼あゆみさんが地球の財産としてのアマゾンの重要性を語ります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 人数:40名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    南研子(みなみ・けんこ)

    特定非営利法人熱帯森林保護団体(RFJ)代表。女子美術大学油絵科卒業。NHK「ひょっこりひょうたん島」などの番組で美術制作を担当。1989年、イギリスの歌手スティングが「アマゾンを守ろう」というワールドツアーで来日した際、同行していたアマゾンの先住民のリーダー、ラオーニ氏と出会い、それを機に同年5月に当団体を設立。その後、年に数カ月はアマゾンのジャングルで先住民とともに暮らし、支援活動を続けている。

    大沼あゆみ(おおぬま・あゆみ)

    慶應義塾大学経済学部教授。専門は環境経済学。1983年 東北大学経済学部卒業。東京外国語大学助教授などを経て、2003年4月より 慶應義塾大学教授。経済学博士。この間ロンドン大学、ケルン大学の客員研究員を務める。IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム)第一次報告書主筆者を務める。著書に『生物多様性保全の経済学』(有斐閣)など。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop