読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2019年3月13日のイベント

  • 2019/03/13(水)11:00-17:00
    矢祭もったいない市場

    毎月第2水曜日、福島県矢祭町の特産品を販売しています。2010年、「もったいない精神」にもとづき、規格外の野菜などを販売する産直として始まりました。11年の東日本大震災、東京電力福島第1原発事故以降は、福島県の農業を支援する意味も込めて開催しています。   販売しているのは、季節の新鮮な野菜類、原木シイタケ、こだわりの卵やパン、さまざまな農産物加工品です。一度訪れたら、リピーターになる方が多い人気の市場です。
    予約不要です。いつでもだれでもお買物ができます。

    ■開催概要
    開場 11:00 開演 11:00
    終演 17:00 人数:参加自由名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

  • 2019/03/13(水)18:30-20:00
    アラビア文化への誘い ~ 「鷹狩」に学ぶ日本とアラブのつながり

    サウジアラビアの国営企業を親会社に持つアラムコ・アジア・ジャパンは、日本とアラビアの架け橋となり、より多くの方々がアラビア文化に親しみを感じてもらうため、「アラビア・シリーズ」を開催しています。普段アラビアの世界に触れる機会が少ない方も、既にご興味のある方も、これを機に、ぜひとも美しく奥深いアラビアの文化にふれてみてはいかがでしょうか?

    盛況となった第1、2回に続き、シリーズ最終回のテーマは「鷹狩」。鷹狩とは、訓練した鷹を用いて獲物を捕らえるという最古の狩猟技術の一つであり、正式には「放鷹( ほうよう ) 」と言います。日本でもよく知られる文化ですが、その起源は古くアラビア半島にまで遡るとも言われます。

    鷹狩はアラビアにおいて、どのような意味を持つ文化なのでしょうか。日本の放鷹術の伝承において女性で初めて認定された鷹師が、アラブ首長国連邦との交流事例や、日本の鷹狩との違いも含めてご紹介します。会場では、本物の鷹もご覧頂けます。

    リーフレットダウンロード


    【注意事項】

    本イベントでは、実際の鷹を展示致します。大変繊細な動物のため、鷹を刺激しかねない下記行為はお控え頂けますよう、お願い申し上げます。

     •赤を基調色としたもの、またはファー製品の着用と持参(コート、マフラー、バッグなど)

     •カメラによるフラッシュ撮影

     •主催者が指定する撮影可能エリア外での撮影

     •大声での会話、大きな音をたてる等の行為

    上記のルールを守れない、またはスタッフの指示・注意に従って頂けない場合、入場をお断りしたり、ご退場頂く場合がありますので予めご了承ください。

    また本イベント中に発生した怪我・病気などの事故について、主催者及び事務局は一切の責任を負いかねますので、ご了承の程お願い致します。


    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 人数:100名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    大塚紀子
    (おおつか・のりこ)

    諏訪流放鷹術 第18代目宗家 鷹匠。 千葉県出身。1995年に早稲田大学人間科学部卒業。卒業論文「鷹狩と日本文化」をきっかけに鷹匠の世界に興味を持ち、諏訪流鷹匠(17代目鷹師)の田籠善次郎氏に弟子入り。以降、ハヤブサ等を飼育しつつ放鷹術を学ぶ。 2004年、UAEで開催された「国際狩猟と馬術の博覧会」に招待され、海外の鷹狩文化に触れる。2005年、アブダビで鷹放術が社会に活かされていることを学び、日本でも放鷹術を伝承・保存する重要性を実感。オオタカ等の技の研鑽につとめつつ、2006年、放鷹文化を研究するため早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に入学。2007年、諏訪流鷹匠の認定試験に合格し晴れて鷹匠となる。2015年、諏訪流第18代目に就任。 諏訪流放鷹術の掲げる「人鷹一体」を追求。鷹匠のこころの体現を目指し、日本の鷹狩文化を伝え残し、先達への恩返しの道を探求し続ける。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop