読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2018年11月26日のイベント

  • 2018/11/26(月)13:00-15:00
    老後レッスン始めませんか「これだけは知っておきたい終活のこと」

    エンディングノートを買ってはみたものの、ほとんど書いていない…。何から始めてよいか分からない終活…。

    そんなあなたに最適なセミナーが開催されます。大丈夫、と思っていた終活対策は十分なのか。誰に相談してよいのか分からず、解決すべき気がかりなことがそのままになっていないか。相続から、お墓、山林の処分、そして老後資金の運用のこと。こんな不安を解消するため、各分野の専門家が具体的な相談事例とその解決方法を分かりやすく伝えます。話を聞くだけではなく、セミナー終了後は、個別相談もできます。

    ※このプログラムは、西日本新聞社が福岡市などで実施し、好評を得ている内容を同社の協力を得て毎日新聞社が首都圏で初めて開催するものです。


     申し込み締め切りは11月14日(水)。応募者多数の場合は抽選です。

    【当選通知】11日15日(木)以降、当選者のみ参加証を郵送(無料ご招待)



    【応募方法】

    ①seminar@mainichi.co.jp まで、代表者の名前、住所、電話番号、参加人数、相続、お墓、老後資金運用等で不安なこと、質問したいことを明記の上、メールでご応募ください。

    ②毎日メディアカフェイベントページでの申し込み


    【問い合わせ先】毎日新聞社「老後レッスン」セミナー係 TEL 03-3212-5149

    (平日10時~17時)



    【プログラム】

    ◆パネルディスカッション

    パネリスト

     滝野隆浩・毎日新聞東京本社編集編成局社会部編集委員)

     久野豊子氏(税理士法人Dream24:税理士)

     市丸純子氏(TOMA行政書士法人:行政書士)

     今泉崇純氏(清法山徳純院:住職)

     山本紀子・毎日新聞東京本社編集編成局生活報道部長

    ◆遺影撮影会のご案内(西日本新聞社 ビジネス開発部 佐藤泰輔)

    ◆個別相談会


    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。



    ■開催概要
    開場 12:30 開演 13:00
    終演 15:00 人数:100名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

  • 2018/11/26(月)13:30-15:30
    ワークショップ「思い出ノートと年賀状」

     認知症予防財団と毎日新聞社が開発した「思い出ノート」を使ったワークショップです。「思い出ノート」はあなたの半生を振り返り、簡単に自分史が作れるワークブック。昔を回想しながら、手で書くことは脳の活性化や老化防止につながります。恩人・知人を思い出し、真心を込めた年賀状を書いて旧交を温めてみてはいかがでしょうか。認知症予防財団の公認講師が丁寧に解説します。参加は無料。参加者全員に、「思い出ノート」を進呈します。




    ※会場は毎日新聞社ではありません。ご注意ください。

    【会場】TKP新宿カンファレンスセンター ルーム5B

      東京都新宿区西新宿1-14-1 Daiwa西新宿ビル

    【応募方法】

    本サイトにてお申込み頂くか、

     以下を明記の上、はがき、Eメールのいずれかでお申し込みください。

     ①氏名(ふりがな)②参加希望会場 ③〒住所 ④電話番号(日中連絡がとれる番号) 

     ⑤年齢 ⑥性別 ⑦職業 ⑧参加人数(同伴者数)

     ※一口で2名まで応募可能です。2名で参加希望の場合は、両名の氏名・年齢・性別を必ずご記入ください。

    応募先

     ・はがき 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-2-7

         「思い出ノートと年賀状」事務局

     ・Eメール oubo@omoide-nenga.com

    【問い合わせ先】

     「思い出ノートと年賀状」事務局

      03-3518-9755(土・日・祝を除く10:00~18:00)

    主催:毎日新聞社

    後援:認知症予防財団

    協賛:日本郵便株式会社

    ■開催概要
    開場 13:00 開演 13:30
    終演 15:30 人数:35名

  • 2018/11/26(月)18:30-20:00
    元村有希子のサイエンスカフェ「ゲノム編集が変える未来社会」

    生き物の狙った場所に遺伝子を組み込んだり、特定の遺伝子の働きを止めたりする新しい技術「ゲノム編集」が注目されています。従来の遺伝子組み換え技術に比べて簡単で精度が高く、生命科学やバイオテクノロジーへの応用に期待が高まる一方、安全性には未知の部分があり、倫理的な影響も見逃せません。ゲノム編集を使った「肉厚マダイ」「早く大きくなるトラフグ」の開発など、水産部門での応用などを研究している京都大学農学研究科助教の木下政人さんに、ゲノム編集の可能性や社会に与えるインパクトについてとことん聞きます。聞き手は元村有希子・科学環境部長が務めます。



    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 人数:30名

    登壇者

    木下政人
    (きのした・まさと)

    1962年生まれ。滋賀県立膳所高校卒業。京都大農学部水産学科卒業後、同大学院へ進学。91年博士課程修了(農学博士)。専門は魚類発生工学。94年から京都大農学部助手(現・助教)。趣味はサッカー、メダカやクマノミの飼育。家庭菜園も楽しむ。

    元村有希子
    (もとむら・ゆきこ)

    1989年、九州大学教育学部卒業、毎日新聞入社。西部本社報道部などを経て2001年、東京本社科学環境部。日本の科学技術と社会との関係をつづった長期連載「理系白書」により06年の第1回科学ジャーナリスト大賞を受賞。17年4月から科学環境部長。著書に「科学のミカタ」「気になる科学」「理系思考」(いずれも毎日新聞出版)など。「サンデー毎日」にコラム「科学のトリセツ」を連載中。科学コミュニケーターとして、全国で授業や講演をこなす。趣味は山歩き、居酒屋、温泉。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop