読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2018年6月12日のイベント

  • 2018/06/12(火)18:30-20:00
    元村有希子のScience Cafe「ボニンブルーと生きる 小笠原の生物多様性」

    東京都心から南に1,000キロ、太平洋に浮かぶ小笠原諸島は今年6月26日、戦後の米国による統治下から日本に復帰して50周年の節目を迎えます。
    島が誕生してから一度も陸地とつながったことがない小笠原の島々では、生物たちが独自の進化を遂げました。固有種の楽園は「東洋のガラパゴス」とも呼ばれ、2011年には世界自然遺産に登録されました。
    そのダイナミックな自然に魅せられ、小笠原・父島に移住した写真家・映像作家のMANA 野元学さんが、小笠原の自然や生物多様性について語ります。
    聞き手は元村有希子・毎日新聞科学環境部長が務めます。
    20180612_345x212-2

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 人数:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    MANA 野元学
    (のもと・まなぶ)

    1986年に渡米、ハワイを拠点にフリーの写真家として活動を始める。92年より映像作家としての活動も開始。日本、ハワイ、タヒチ、小笠原を季節ごとに移動し、世界中を旅しながら撮影活動を続ける。93年より小笠原諸島に通うようになり、雑誌やテレビなどで作品を発表。
    2004年、拠点を日本に移し、現在は小笠原諸島・父島在住。環境問題にかかわるさまざまな活動にも取り組む。東京都公認自然ガイド、公益社団法人日本写真協会会員。
    オフィシャル・ウェブサイト http://mananomoto.com

    元村有希子
    (もとむら・ゆきこ)

    毎日新聞科学環境部長。
    1966年、福岡県北九州市生まれ。九州大学教育学部卒業、毎日新聞入社。
    日本の科学技術と社会との関係をつづった長期連載「理系白書」により2006年の科学ジャーナリスト大賞を受賞。17年4月から現職。
    著書に「科学のミカタ」「気になる科学」「理系思考」(いずれも毎日新聞出版)など。「サンデー毎日」にコラム「科学のトリセツ」を連載中。趣味は山歩き、居酒屋、温泉。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop