読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2018年2月24日のイベント

  • 2018/02/24(土)13:30-15:00
    親子でつくろう!非常持ち出し袋ワークショップ

    東日本大震災やその他のさまざまな自然災害の経験から、万が一のために「非常持ち出し袋」を準備されているご家庭も多いのではないでしょうか。しかし、非常時に必要とする物品は人によって異なります。水や食品など基本的に必要となる物品のほかに、避難した際に、当面の間自分や家族が必要とする最小限の品を持ち出しやすい袋に入れて準備をしておくことがイザというときに重要となります。特に、プライバシー確保が難しい避難所生活などで、ストレスを軽減するために、あなたや家族が必要とするものについて考え、準備しているでしょうか?このワークショップでは、さまざまな観点から、家族で話し合いながら、楽しく非常持ち出し袋を作ります

    (ご参加の1家族様に1つ「 無事かえるキッズリュック」*をプレゼント)。

     

    ワークショップでは、自身も東日本大震災を経験し、現在東北で看護職を目指す学生5名が、TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム**での2週間の米国スタディツアーで学んだ、ストレス(メンタル)ケアの重要性などについても、わかりやすく、楽しくお伝えします。

    Tomodashi







    (写真はTOMODACHI J&J災害看護研修プログラムでのトレーニングの様子)

    また、宮城県石巻市で活動するNPO法人「石巻復興支援ネットワーク」代表理事 兼子佳恵(かねこよしえ)さんに、震災当時母として感じたこと、NPO活動を通じて震災直後から支援活動する中で見えてきたこと、伝えたいことなどをおうかがいします。



    *無事かえるリュックとは?

    ぬいぐるみの製造、販売等を手がける株式会社ナカジマコーポレーションのオリジナルキャラクター「かえるのピクルス」の誕生20年を記念して、特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワークの協力、監修により作成した防災リュックです。


    TOMODACHI

    **TOMODACHI J&J災害研修プログラム

    [主催:公益財団法人米日カウンシル-ジャパン]

    次世代を担う看護学生が約7ヶ月にわたる研修を通して、自身の体験や教訓を生かし、災害や有事に対応する技能と知識を身に着け、将来災害看護分野を牽引するリーダーとして、学びを各地で広め、還元していくことで、日本の災害看護全体の基盤強化に貢献することを目指します。

    (協賛:ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ)

    TOMODACHI J&J災害看護研修プログラムのサイトは こちら


    お申し込の際、保護者名の他、必ずお子さまのお名前・学年も入力してください。

    親子10組 (大人1人+小学校3年生以上の子ども 2名までとなります。)

    ■開催概要
    開場 13:00 開演 13:30
    終演 15:00 人数:親子10組名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    横山華保
    (よこやま・かほ)

    東北大学医学部保健学科看護学専攻 4 年
     [出身地:宮城県名取市]
    中学校2年生の時に東日本大震災を経験し、その時に、救助活動をする自衛隊やボランティアの方々を見て、将来は人を助けられる仕事がしたいと思い、看護師を志望しました。2016年にTOMODACHI J&J災害看護研修プログラムに参加し、米国スタディツアーで9.11やハリケーン・サンディの襲来にて被災した人々、また救助や避難のサポートに携わった人々の話を伺い、お互いの被災経験の共有をし、語り合う事の重要さを学び、また、自然災害ばかりではなく、人災であっても、災害発生時における看護師の役割とその重要性を、様々な観点から学びました。経験したこと、学んだことを多くの方に伝え続けることが今と未来の私たちを災害から守ることにつながると確信しています。将来は、国や地域、そして患者さんのバックグラウンドを深く考え、寄り添った支援ができる看護職になりたいと思います。

    兼子佳恵
    (かねこ・よしえ)

    (特定非営利活動法人石巻復興支援ネットワーク 代表理事) 1999年「イッツ・ナウ・オア・ネバー」という団体を設立し、子ども対象の環境教育活動のサポートを始める。 2009年2月に名称を「環境と子どもを考える会」とし、子どもが笑顔になるイベントの開催、街づくりに問題提起する講演会等を企画運営。現在の「石巻復興支援ネットワーク」は震災後に立ち上げた。 石巻市震災復興推進委員・石巻市協働教育推進委員、みやぎ連携復興センター理事、宮城県中小企業家同友会石巻支部副支部長、中央大学法学部非常勤講師、「仮設住宅の再編等に係る子供の学習支援によるコミュニティ復興支援事業」を活用した事業に係る評価・検証委員会委員等を兼任。

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトや毎日スポニチTAP-Iなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop