読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2017年11月11日のイベント

  • 2017/11/11(土)13:00-16:00
    学校リスクを考える~「ブラック部活動」の現状~

    近年、柔道をはじめとする運動部活動中の重大事故、顧問から生徒への暴力・暴言によるハラスメントなどの問題がクローズアップされています。一方、顧問に課せられる部活動指導の過重負担など、教職員のワークライフのあり方をめぐる問題もあります。 「部活動」の意義は何か,それが隠してきたものは何なのか。

    第1部では「部活動リスク」や今年4月から始まった「部活動指導員」制度のメリットとデメリットについて、名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授の内田良さんが基調講演します。

    第二部は内田良さん、毎日新聞の報道をチェックする第三者機関である「開かれた新聞委員会」委員の荻上チキさん、7人の子育てをしながら子育て支援活動をしている波瀬川久子さん、現職教員の石上温子さんの4人が、部活動のあり方についてパネルディスカッションをします。


    リーフレットダウンロード

    fin_日教組_A4ちらし

    ※会場は毎日新聞東京本社(パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。 mediacafe_maphall

    ■開催概要
    開場 12:30 開演 13:00
    終演 16:00 人数:100名

    登壇者

    内田良(うちだ・りょう)

    1976年生まれ。名古屋大学准教授。スポーツ活動中の事故(組み体操や柔道)や教員の長時間労働等,学校教育に関わるリスクについて調査研究・啓発活動を展開している。著書に,「ブラック部活動」「教育という病」「柔道事故」など。ヤフーオーサーアワード2015受賞。

    荻上チキ(おぎうえ・ちき)

    1981年生まれ。政治経済から社会問題まで幅広く取材・論評する。ウェブサイト「シノドス」編集長を務めており、TBSラジオ「Session-22」に出演。著書に「ウェブ炎上」「検証 東日本大震災の流言・デマ」など。

    波瀬川久子(はせがわ・ひさこ)

    秋田県鹿角市出身。3女4男、孫2人のシングルママ。ART WARK BADDYS合同会社代表。こども食堂かたれば‼~みんなの居場所代表。こども向け工作、描画、手作り絵本インストラクター、キャンドルインストラクターとして活動している。 

  • 2017/11/11(土)18:30-20:00
    「母が挑んだ医学研究」シャロン・テリーさん講演会、PXE患者会準備会  

    「希少疾患患者への支援と医学研究の世界に旋風を巻き起こした米国の患者・研究者支援団体代表、シャロン・テリーさん。2人の子どもたちが希少疾患の弾性線維性仮性黄色腫(Pseudoxanthoma Elasticum(PXE)と診断されたのをきっかけに、医学に素人だった母は、いかにして「市民科学者」となり、PXEの原因遺伝子を特定し、世界中の患者を支援するまでになったのか。その貴重な体験談を語ります。PXEだけではなく、すべての疾患の患者、研究者、市民にとって示唆に富む内容です。
    この講演会は、日本国内の弾性線維性仮性黄色腫(PXE)と網膜色素線条症の患者が初めて集まるための企画でもあります。PXEは弾性線維が変性するため、主に皮膚・眼・血管の障害が出る病気で、全国に約300人の患者が確認されていますが、診断されていない患者も少なくないとみられます。この講演会を機に、日本のPXE患者会設立に向けた動きが始まります。
    ※講演は英語で行い、日本語に通訳します。
    コーディネーター・通訳
    東自由里(ひがし・じゆり)・京都外国語大学教授、立命館大学名誉教授

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 人数:30名

    登壇者

    Ms. Sharon F Terry (シャロン・テリー)

    (PXE International設立者、ジェネティック・アライアンス代表) 2人の子どもが1994年に弾性線維性仮性黄色腫(PXE)と診断され、夫とともに患者・研究支援団体「PXE International」を設立。夫婦ともに医学には素人だったが、猛勉強し、研究者と協力してPXEの原因遺伝子の特定にこぎ着けた。患者団体や大学、民間企業など1万以上の団体でつくる非営利団体「Genetic Alliance」の代表も務める。患者の遺伝子を収集、保管、配布する「ジェネティック・アライアンス・バイオバンク」を運営し、研究を推進している。一般市民による科学研究「Citizen science(市民科学)」の重要性と、患者自身が健康問題に主体的に関わることの必要性を訴えている。

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトや毎日スポニチTAP-Iなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop