読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2020年12月のイベントカレンダー

  • 2020/12/01(火)18:30-20:00
    神田紫のビジネス力アップ講談教室

    2015年4月から毎月1回開かれている女流講談師、神田紫さんの講談教室。神田さんが講談の歴史、特徴などを説明した後、参加者全員が講談に挑戦します。講談特有のアクセントや強弱を教わりながら講談本を読みます。大きな声を出すことの気持ちよさを体感できます。口を大きく開いて講談を読むことにより、話す力や表現力が身につき、ビジネス力(りょく)アップ、日常の会話力向上にもつながります。初めての参加の方も歓迎です。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:20名

    登壇者

    神田紫
    (かんだ・むらさき)

    文学座から小沢昭一氏主宰「劇団芸能座」を経て、1979年に講談の二代目神田山陽師に入門。89年真打ち昇進。 日本講談協会、落語芸術協会会員。 2008~09年には日本講談協会会長を務めた。 TV、ラジオなどでも活躍しているほか、毎日新聞社が取り組んでいるMOTTAINAIキャンペーン、富士山再生キャンペーンに協力している。

  • 2020/12/10(木)18:30-20:00
    「Discover the ARAB WORLD!~発見!ザ・アラブ・ワールド~」サンゴで造られたサウジ沿岸の都市

    紅海を往復する交易路が海のシルクロードとして発展し、沿岸には中継地としての都市が造営され、サンゴを切り出して建物を造り、補強として木材を積み入れる構法も散見され注目されました。
    エジプトやスーダンなどの事例を簡単に紹介した後に、サウジアラビアのジッダやハウラー遺跡の例を詳しく取り上げます。



    ※本イベントはオンライン開催となります。(Zoomを予定)
    参加申し込み者には、参加方法・アクセス情報を開催前日までにメールでお知らせします。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:50名

    登壇者

    西本真一
    (にしもと・しんいち)

    日本工業大学建築学部教授、工学博士。1959年東京生まれ。1982年早稲田大学理工学部建築学科卒。 1987年同大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学。1985年以降、早稲田大学によるエジプト発掘調査に断続的に参加。1995年日本国政府アンコール遺跡救済チームの基礎研究班長。2018年からサウジアラビア紅海沿岸発掘調査に参加(隊長:長谷川奏・早稲田大学総合研究機構研究員客員教授)。 西本真一・縄田浩志「サンゴ礁:アラブのなりわい生態系5」臨川書店、2015年など。

  • 2020/12/16(水)11:00-17:00
    岩手県東日本大震災復興応援展示即売会

    東日本大震災から9年半。岩手県では復興が着実に進んでいます。復興を応援する岩手県の物産の展示即売会を開催します。海産物、野菜、物産品をそろえています。岩手県・三陸の美味しい恵みをご賞味ください。 下記の物産が販売されます。 ●南蛮漬、●秋刀魚ラーメン、●白金豚ラーメン、●前沢牛ラーメン、●小山わんこそば、●めかぶそば、●とろろうどん、●チョコ南部、●無着色焼鮭、●焼鮭ほぐし、●鮭しぐれ煮、●ぺろっこラーメン、●ぺろっこうどん、●南部せんべい落花生、●南部せんべい胡麻、●にこにこなんぶ、●南部せんべい詰合せ、●いかせんべい、●いちご煮、●国産サバのレモンバジル味、●ピリ辛しわきゅうり、●干しイサダ、●かもめの玉子さくら便り、●野菜各種など。 このイベントは予約不要です。いつでもだれでも入場できます。

    ■開催概要
    開場 11:00 開演 11:00
    終演 17:00 定員:名

  • 2020/12/12(土)16:00-18:00
    西郷孝彦・前桜丘中校長×子ども×親×FTCJ トークイベント

    区立中学校で校則や定期テストを廃止したことが話題になり、各種メディアで大きく取りあげられた東京都世田谷区立桜丘中学校の西郷孝彦前校長と、認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)の代表中島早苗さんが、「一人ひとりの子どもが安心して自分らしくイキイキと子ども時代を過ごすために、学校、家庭、地域に求められることは何か?」をテーマに対談します。後半は、西郷前校長の教え子や、FTCJの活動に参加しているメンバー、子どもの活動をサポートしてきた親などが、それぞれの経験や想いを語ります。子ども自身が「世界は変えられる」と信じ行動できる社会を目指すトークイベントです。
    このイベントは毎日メディアカフェでのオフライン(定員20名)&オンライン(定員なし)のハイブリット型トークイベントです。オフライン、オンラインとも、資料代として500円が必要です(事前払い:クレジットカードまたは銀行振込)。

    申し込みは通常の毎日メディアカフェのフォームではなく、下記からお願いします。

    申込フォーム

    ■開催概要
    開場 15:30 開演 16:00
    終演 18:00 定員:20名

    登壇者

    西郷孝彦
    (さいごう・たかひこ)

    1954年横浜生まれ。上智大学理工学部を卒業後、1979年から都立の養護学校(現:特別支援学校)をはじめ、大田区や品川区、世田谷区で数学と理科の教員、教頭・副校長を歴任。2010年から10年間、世田谷区立桜丘中学校長に就任し、インクルーシブ教育を学校経営の中心に据え、校則や定期テスト等の廃止、ICTの活用、個性を伸ばす教育を推進した。2020年3月退職。NHK「ノーナレ」ほか出演多数。近著に『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』『「過干渉」をやめたら子供は伸びる』(ともに小学館)がある。

    中島早苗
    (なかじま・さなえ)

    認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン代表。1997年米国NGOでのインターン中に、12歳のカナダ人のクレイグ少年が設立した、Free The Childrenの理念「子どもに関することは子どもが声をあげ世界を変える」に共鳴。日本に活動を紹介しようと帰国後の1999年にフリー・ザ・チルドレン・ジャパンを設立。以後、活動に従事。訳書に「キッズパワーが世界を変える」、著書に「フィリピンの少女ピア」、「チャレンジ!キッズスピーチ」(共に大月書店刊)。その他、「世界の社会福祉年鑑2018」(旬報社刊)、「世界中の子どもの権利をまもる30の方法」(合同出版刊)への執筆参加がある。2007年国際ソロプチミストの「青少年指導者育成賞」を受賞。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop