読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2019年7月のイベントカレンダー

  • 2019/07/02(火)18:30-20:00
    神田紫のビジネス力アップ講談教室

    2015年4月から毎月1回開かれている女流講談師、神田紫さんの講談教室。神田さんが講談の歴史、特徴などを説明した後、参加者全員が講談に挑戦します。講談特有のアクセントや強弱を教わりながら講談本を読みます。大きな声を出すことの気持ちよさを体感できます。 口を大きく開いて講談を読むことにより、話す力や表現力が身につき、ビジネス力(りょく)アップ、日常の会話力向上にもつながります。初めての参加の方も歓迎です。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    登壇者

    神田紫
    (かんだ・むらさき)

    文学座から小沢昭一氏主宰「劇団芸能座」を経て、1979年に講談の二代目神田山陽師に入門。89年真打ち昇進。 日本講談協会、落語芸術協会会員。 2008~09年には日本講談協会会長を務めた。 TV、ラジオなどでも活躍しているほか、毎日新聞社が取り組んでいるMOTTAINAIキャンペーン、富士山再生キャンペーンに協力している。

  • 2019/07/08(月)18:30-20:00
    アポロ月着陸捏造疑惑を斬る!~月探査新時代を前に

    月や惑星探査の情報満載のウェブサイト「月探査情報ステーション」を運営し、小惑星探査機「はやぶさ」で広報を担当した寺薗淳也・会津大学准教授が、アポロ11号による人類初の月面着陸(1969年7月)から50年に合わせて、今も一部に根強く残る「疑惑」に答えます。米航空宇宙局(NASA)の3人の宇宙飛行士は本当に月へ行ったのか▽星条旗の様子や宇宙飛行士の影が不自然なのはなぜか▽公開された写真は大規模なセットで撮影したのではないか――。さらに、月探査の最新情報も紹介します。中国の探査機が月裏側へ着陸した目的、NASAが進める「国際月ステーション」の展望、そして日本の月探査の行方。現在進行中の探査機「はやぶさ2」の裏話も聞けます。宇宙探査の面白さを一緒に堪能しましょう!

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:40名

    登壇者

    寺薗淳也
    (てらぞの・じゅんや)  

    1967年生まれ。名古屋大理学部卒業、東京大学大学院博士課程中退。宇宙開発事業団、宇宙航空研究開発機構、日本宇宙フォーラムを経て会津大学准教授。著書や監修した本に「惑星探査入門」「はやぶさ君の冒険日誌」など。

  • 2019/07/10(水)11:00-17:00
    矢祭もったいない市場

    毎月第2水曜日、福島県矢祭町の特産品を販売しています。2010年、「もったいない精神」にもとづき、規格外の野菜などを販売する産直として始まりました。11年の東日本大震災、東京電力福島第1原発事故以降は、福島県の農業を支援する意味も込めて開催しています。
      販売しているのは、季節の新鮮な野菜類、原木シイタケ、こだわりの卵やパン、さまざまな農産物加工品です。一度訪れたら、リピーターになる方が多い人気の市場です。
    予約不要です。いつでもだれでもお買物ができます。

    ■開催概要
    開場 11:00 開演 11:00
    終演 17:00 定員:参加自由名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

  • 2019/07/10(水)18:30-20:00
    吉田松陰から学ぶ「あなたの人生がきらめく ヒント満開のトークショー」

    幕末の賢人、吉田松陰は数多くの名言を残しました。例えば、「学は人たる所以を学ぶなり」。この意味しているところは、まず自分がどういうものかを知ることです。自分にしかない素晴らしい魅力・才能を見つけ、それを磨いていくことが、誰にとっても大切です。他にも、「志を立てて以て、万事の源と為す」「人賢愚ありと雖も、各々一二の才能なきはなし」など、私たちの生き方のヒントになる名言があります。松蔭論で知られる松蔭大学客員教授の長谷川勤さんが、松蔭の名言から、「人生をいかに生きれば、自分らしく最高なものになるのか」を紐解いていきます。聞き手はMyTime Share才能開花コミュニケーターひろこが務めます。歴史が好きな人もそうでない人も大丈夫。いつの時代も変わらぬ本質に迫る、人生を豊かに生きるためのトークショーです。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:40名

    登壇者

    長谷川勤
    (はせがわ・つとむ)

    松蔭大学客員教授。アパレル業界での会社員を定年退職後、松蔭大学で非常勤講師として「吉田松陰論」を担当。2013年4月同大学客員教授。各地の市民大学講座や講演を多数こなし、幕末から明治維新を主題として扱う。15年NHKラジオ講座「歴史再発見」で「松陰と幕末・明治の志士たち」を担当。吉田松陰を紐解きながら、人生をいかに生きるかを伝えている。

    ひろこ
    (小橋凡子)

    MyTime Share(マイタイムシェア)才能開花コミュニケーター。元幼稚園教諭。アパレル販売員として全国トップ10に入る実績を持つ。パステルアート講師として、延べ2000人以上の指導経験がある。才能開花コミュニケーターとして、人間関係、家族関係を円滑にする方法をお話会や講演会で伝えている。マイタイムシェアは、フリーランスのメンバーがプロジェクトをチームで展開し、仕事・お金・プライベート、すべてが心地よく豊かに循環する本来の幸せを広げている。

    Facebook https://www.facebook.com/MyTime.since2015/

    ホームページ http://mytimeshare.info/

  • 2019/07/11(木)18:30-20:00
    家業×SDGs 日本の中小企業のサーキュラーエコノミー化を目指して!

    持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成される「持続可能な開発目標(SDGs)」への関心が高まっています。企業のSDGsへの取り組みも活発化していますが、中小企業への浸透は十分ではありません。SDGsを地域レベルで実践する上で、地域に根付く中小企業(特に家業)のアクションは重要です。このセミナーでは、株式会社大川印刷の大川哲郎社長とプランティオ株式会社の芹澤孝悦CEOが、自社のSDGsの取り組みを報告します。また、グループディスカッションにより、SDGsやサーキュラーエコノミー(循環型経済)を実現させる道を、参加者とともに探ります。

     このセミナーは「家業イノベーション・ラボ」が企画しました。ラボは「家業」+「自分らしさ」で家業をスケールアップすることに挑む家業イノベーター(次世代経営者)たちによる学びと実践のためのコミュニティです。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    登壇者

    大川哲郎
    (おおかわ・てつお)

    株式会社大川印刷代表取締役社長。東海大学法学部卒。1993年大川印刷入社、2005年代表取締役社長に就任。2001年社会起業家との出会いから、「印刷を通じて社会を変える」視点に気付き、2004年「本業を通じて社会的課題解決に取り組む『ソーシャルプリンティングカンパニー』」というビジョンを掲げる。食物アレルギーや宗教上の理由で食材を自由に選ぶことができない人に対しても分かりやすい、ピクトグラム(絵文字)の活用を推進する「食材ピクトグラム」の他、複数の社会的課題解決プロジェクトを各種NPOと協働で推進している。神奈川県印刷工業組合副理事長、横浜グリーン購入ネットワーク副会長。

    芹澤孝悦
    (せりざわ・たかよし)

    プランティオ株式会社 CEO & Co-Founder。大学卒業後ITのベンチャー企業に入社。エンターテインメント系コンテンツのプロデューサーを経て、日本で初めて「プランター」という和製英語を発案・製品を開発して世に広めた家業であるセロン工業へ。男性から女性に花を贈るフラワーバレンタインプロジェクトの立ち上げや2012年業界最大の国際園芸博覧会フロリアードの日本国政府スタッフとして参画。60年前に開発された元祖「プランター」をその当時の熱い開発マインドと共に今の時代にあった形で再定義し、次世代の新しい「人と植物との関わりかた」を模索する3代目。

  • 2019/07/17(水)11:00-17:00
    岩手県東日本大震災復興応援展示即売会

    東日本大震災から7年。岩手県では復興が着実に進んでいます。復興を応援する岩手県の物産の展示即売会を開催します。海産物、野菜、物産品をそろえています。岩手県・三陸の美味しい恵みをご賞味ください。

    下記の物産が販売されます。 ●南蛮漬、●秋刀魚ラーメン、●白金豚ラーメン、●前沢牛ラーメン、●小山わんこそば、●めかぶそば、●とろろうどん、●チョコ南部、●無着色焼鮭、●焼鮭ほぐし、●鮭しぐれ煮、●ぺろっこラーメン、●ぺろっこうどん、●南部せんべい落花生、●南部せんべい胡麻、●にこにこなんぶ、●南部せんべい詰合せ、●いかせんべい、●いちご煮、●国産サバのレモンバジル味、●ピリ辛しわきゅうり、●干しイサダ、●かもめの玉子さくら便り、●北上市の野菜各種 など。

    こちらのイベントは予約不要です。いつでもだれでもお買物ができます。

    ■開催概要
    開場 11:00 開演 11:00
    終演 17:00 定員:参加自由名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

  • 2019/07/25(木)19:00-20:20
    今から知っておきたい「介護食」!

    家庭や職場で「最近両親の食が細くなって心配」「我が家でも介護が始まりそう」「毎日の介護食づくりが大変」などの話が出ていませんか?年齢やお口のトラブル(抜歯など)により食べる力が弱くなった方は、食べられる物が限られたり、それによって食べる意欲が減退して食事量も少なくなったりと、栄養が不十分になることがあります。また、食事を作る方にとっても、食べる力に合わせたかたさへと調理時間を調整したり、限られた食材で栄養バランスを考えたり、たくさんの工夫が必要となります。このイベントでは、そんな不安や悩みを解決する「食べやすいのに美味しい」「少量なのに栄養補給ができる」という便利で手軽な食品について、アサヒグループ食品株式会社ベビー&ヘルスケアマーケティング部の三好淳介さんが紹介します。

    介護食の試食もできるので、介護食づくりの参考になる内容です。この機会にぜひご参加ください。



    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。



    ■開催概要
    開場 18:45 開演 19:00
    終演 20:20 定員:50名

    登壇者

    三好淳介
    (みよしあつゆき)

    アサヒグループ食品㈱ ベビー&ヘルスケア マーケティング部

    アサヒグループ食品のマーケティング部門にてシニア関連商品の業務に携わる。 「"食べる”をずっと楽しく。」をブランド理念に、口から食べることを大切にして 「全ての人がいつまでも楽しく食べられること」をサポートできる啓発活動に取り組んでいる。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop