読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2016年2月のイベントカレンダー

  • 2016/02/02(火)16:00-17:30
    「若武者育成塾」が目指すこと

    「若武者育成塾」はアサヒビールが2006年から実施している高校生を対象とした実践型の環境教育です。地域の課題解決に向けて、多様なステークホルダーと連携して行動できる志の高い高校生を育成することを目的にしています。1チーム3人の高校生が夏の合宿で、地域の環境保全に取り組む現場の視察、環境の専門家による講義の受講などをした後、自分たちの住む地域の環境課題を考え、それを改善・解決する行動プランを作り、実践します。

    なぜ企業が次代を担う子どもたちへの環境教育に取組むのか、アサヒビール経営企画本部社会環境部の小林由佳氏が「若武者育成塾」の取組をもとに事例とともにお話しします。

    また、今回は2015年に参加して「パートナーシップ賞」を受賞した和歌山信愛高校の生徒3人、先生、サポートした社員が、若武者育成塾で学んだことや、このプログラムの意義について話します。

     

     

    ■開催概要
    開場 15:30 開演 16:00
    終演 17:30 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    小林由佳        (こばやし・ゆか)

    アサヒビール株式会社 経営企画本部社会環境部。営業を経て2014年から現職。次世代教育担当として若武者育成塾や子供向けの出前授業を手掛ける。

    和歌山信愛高等学校

    大村寛之教諭、 柏田あかねさん、 北谷佳乃子さん、 粉川知里さん

  • 2016/02/04(木)18:30-20:00
    毎日映画社秘蔵フィルム上映会第4回「昭和の鉄道」

    毎日映画社は1955(昭和30)年の発足当時から「毎日ニュース」などのニュース映像を製作してきました。毎日メディアカフェでは同社の倉庫に保管されているフィルムの上映会を企画しました。第4回のテーマは「鉄道」です。下記のニュース映像(各3~5分)を見ながら、TV等でおなじみのホリプロマネージャー南田裕介氏、子育てをしながら活躍中の鉄ママ豊岡真澄さんに登壇して頂き、映像を見ながら昔と今の鉄道について語ります。

     

     


     

    上映予定の秘蔵フィルム(予定)

    1982年6月 東北新幹線開通

    1963年8月 日本一の赤字線

    1971年12月 赤字線(因美線)

    1967年12月 東海道超ドン行

    1960年12月 新橋駅前



     

    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

    mediacafe_maphall

    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:150名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    南田裕介        (みなみだ・ゆうすけ)

    ホリプロアナウンス室担当マネージャー。 筋金入りの鉄道ファンとして知られ、ホリプロ社員でありながら数々のテレビ番組に出演している。

    豊岡真澄        (とよおか・ますみ)

    ホリプロにてユニット活動後、担当マネージャーの影響により鉄子に目覚める。元祖鉄道アイドルとして、数々の雑誌・イベント・番組(タモリ倶楽部など)に出演。 08年3月末に結婚・出産を期に引退。現在は二児の母となり、ママ鉄・鉄道文化人として鉄道グッズプロデュースやイベント等に出演している。

  • 2016/02/05(金)10:30-11:30
    和光堂ベビーフードを使った離乳食セミナー 

    「離乳食をそろそろスタートしたいな!でも、どうやってすすめたらいいの?」「食べてくれない・・・」「栄養はこれでいいの?」。そんな悩みや疑問を持っているママやパパのためのセミナーです。アサヒグループ食品株式会社の管理栄養士、金丸眞子さんが離乳期の食について、分かりやすく話します。講義と和光堂ベビーフードの試食がセットになっており、各月齢に応じた食の具材の大きさや硬さが体験できて、とても分かりやすいセミナーです。妊娠期~生後8カ月までのお子さまと保護者が対象です。

    参加者のみなさまに「牛乳屋さんのやさしいミルクティー」と和光堂のベビーフードサンプルをプレゼントします。

     

    (ご注意点)

    ・妊娠期~生後8カ月までのお子さまと保護者が対象です。

    ・試食時に提供する飲食物は大人の方を対象としています。アレルギーの対応はしておりません。

    ・会場にはベビーカーでお入りいただけます。

    ・お時間のある方は、セミナー終了後に個別にご相談いただくことも可能です。

    申込サイトのお名前の欄に「お子様の月齢」「参加者人数」をご記入の上お申込みください。 

     

     

    ※現在和光堂(株)・アサヒフードアンドヘルスケア(株)・天野実業(株)の3社で担っているアサヒグループの食品事業は、2016年1月1日より、新設するアサヒグループ食品(株)に集約します。

     

     ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

     ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

     ・妊娠期~生後8カ月までのお子さまと保護者が対象です。

     

    申込サイトのお名前の欄に「お子様の月齢」「参加者人数」をご記入の上お申込みください。 

    ■開催概要
    開場 10:15 開演 10:30
    終演 11:30 定員:親子30組名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    金丸眞子        (かなまる・まさこ)

    アサヒグループ食品株式会社管理栄養士。病院勤務の経験を生かし、2001年和光堂株式会社に入社。お客さま相談室を経て、現在は出張講座を担当。行政施設や保育園・学校などの依頼に応じて各地で講座を開催し。年間のべ1000人の育児に携わる方と交流し、子どもの食に関するさまざまな相談に応じている。

  • 2016/02/05(金)13:30-14:30
    和光堂ベビーフードを使った幼児食セミナー

    「あまり食べないけれど離乳食を3回食に移行していいの?」「食べむら・遊び食べ・好き嫌いに困っちゃう・・・。」「栄養はこれでいいの?」。そんな悩みや疑問を持っているママやパパのためのセミナーです。アサヒグループ食品株式会社※の管理栄養士、金丸眞子さんが幼児期の食について、分かりやすく話します。講義と和光堂ベビーフードの試食がセットになっており、悩みの解決の糸口となるようなコツを知ることができる、とても分かりやすいセミナーです。生後9カ月~1歳3カ月までのお子さまと保護者が対象です。

    参加者のみなさまに「牛乳屋さんのやさしいミルクティー」と和光堂のベビーフードサンプルをプレゼントします。

     

    (ご注意点)

    ・生後9カ月~1歳3カ月までのお子さまと保護者が対象です。

    ・試食時に提供する飲食物は大人の方を対象としています。アレルギーの対応はしておりません。

    ・会場にはベビーカーでお入りいただけます。

    ・お時間のある方は、セミナー終了後に個別にご相談いただくことも可能です。

     ・申込サイトのお名前の欄に「お子様の月齢」「参加者人数」をご記入の上お申込みください。

     

     

    ※現在和光堂(株)・アサヒフードアンドヘルスケア(株)・天野実業(株)の3社で担っているアサヒグループの食品事業は、2016年1月1日より、新設するアサヒグループ食品(株)に集約します。

     

    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

     

    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

     ・生後9カ月~1歳3カ月までのお子さまと保護者が対象です。

    申込サイトのお名前の欄に「お子様の月齢」「参加者人数」をご記入の上お申込みください。

    ■開催概要
    開場 13:15 開演 13:30
    終演 14:30 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    金丸眞子        (かなまる・まさこ)

    アサヒグループ食品株式会社管理栄養士。病院勤務の経験を生かし、2001年和光堂株式会社に入社。お客さま相談室を経て、現在は出張講座を担当。行政施設や保育園・学校などの依頼に応じて各地で講座を開催し。年間のべ1000人の育児に携わる方と交流し、子どもの食に関するさまざまな相談に応じている。

  • 2016/02/10(水)18:30-20:00
    記者報告会「SMAP紙面と編集記者の仕事」

    「SMAP解散か?」のニュースが流れた1月13日。毎日新聞東京本社情報編成総センターでスポーツ面編集を担当していた佐々木宏之、塩崎崇の両記者は、SMAPのヒット曲名を見出しにあしらうことを考え、「青いイナズマ」「らいおんハート」など計8曲(地域によっては9曲)の曲名を、1月14日朝刊スポーツ面に散りばめました。この紙面は「SMAPへの愛情に満ちあふれた紙面」として、ソーシャルメディアで拡散され、多くのテレビ番組で取り上げられるなど、大きな反響を呼びました。佐々木、塩崎両記者はなぜ、それを思い立ったのか、見出しを付けた際の工夫、読者からの反響など、SMAP紙面にまつわる秘話を報告します。また、編集記者はどんな仕事をしているのかについても話します。


    ご来場先着100人の方に、お宝紙面(毎日新聞1月14日朝刊)をプレゼントします。

     

    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

     

    ご来場先着100人の方に、お宝紙面(毎日新聞1月14日朝刊)をプレゼントします。
    
    
    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。
    

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:100名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    佐々木宏之       (ささき・ひろゆき)

     毎日新聞東京本社編集編成局情報編成総センター記者。1996年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、東京・西部本社編集部門(本紙グループ)に延べ約15年間在籍。デジタルメディア局でウェブニュース編集も経験した。現在は社会面・スポーツ面編集を担当。岩手県出身、44歳。

    塩崎崇         (しおざき・たかし)

     毎日新聞東京本社編集編成局情報編成総センター記者。1996年毎日新聞社入社。宇都宮支局を経て、東京・西部本社編集部門(本紙グループ)に延べ約13年間在籍。編集記者として、沖縄県の県紙・琉球新報にも出向した。現在は社会面・スポーツ面編集を担当。神奈川県出身、42歳。

  • 2016/02/15(月)18:30-20:00
    神田紫のビジネス力アップ講談教室

    一昨年4月から毎月1回開かれている女流講談師、神田紫さんの講談教室。神田さんが講談の歴史、特徴などを説明した後、参加者全員が講談に挑戦します。講談特有のアクセントや強弱を教わりながら講談本を読みます。大きな声を出すことの気持ちよさを体感できます。  口を大きく開いて講談を読むことにより、話す力や表現力が身につき、ビジネス力(りょく)アップ、日常の会話力向上にもつながります。初めての参加の方も歓迎です。

    ■開催概要
    開場 18:15 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    神田紫(かんだ・むらさき)

    文学座から小沢昭一氏主宰「劇団芸能座」を経て、1979年に講談の二代目神田山陽師に入門。89年真打ち昇進。日本講談協会、落語芸術協会会員。2008~09年には日本講談協会会長を務めた。TV、ラジオなどでも活躍しているほか、毎日新聞社が取り組んでいるMOTTAINAIキャンペーン、富士山再生キャンペーンに協力している

  • 2016/02/17(水)18:30-20:00
    わかりやすい「ハラール」解説講座

    誤解も多く、わかりにくいアラブ文化・イスラーム文化を一般の方にもわかりやすく伝えたいと思います。またイスラーム教徒(ムスリム・ムスリマ)の外国人観光客が増えて、2020年の東京オリンピックへ向けて関心がもたれるイスラームの「ハラール」。日本人にはなじみが薄く、時には良くない印象、間違った理解で語られることもしばしば。そのような誤解を解き、理解するための講義を開催したいと思います。私自身のムスリムとの付き合い、現地での留学・駐在経験を元に普段アラブ・イスラーム文化と馴染みのない日本の方々に解説できることに喜びを感じています。リラックスしながら、「難しい問題」を「気楽に」楽しみましょう。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    岩口龍児        (いわぐち・りゅうじ)

    1976年東京生まれ。立教大法学部国際比較法学科、アラブ・イスラーム学院(東京・麻布)卒。アラブ・コンサルティングサービス東京 代表。スーダン、イエメンに留学、マレーシア、サウジアラビアに駐在。川越商工会議所会員。埼玉県でカルチャーセンター講師。ハラール研究者。メルマガ:岩口昇龍「アラブでお仕事を成功させるコンサルタント」のブログ

  • 2016/02/18(木)18:30-20:00
    数独の夕べ

    一般社団法人数独協会による「数独の夕べ」。2回目はまず、数独協会の鍜治真起代表理事が1984年、アメリカのパズル雑誌に触発され、見よう見まねで制作した日本最初の数独を紹介します。当時の日本のパズル事情も話します。続いて、岡本修身理事が数独をアート化した作品を紹介します。9x9 の81 のマスが美しいアートとして表現された理事自身の作品群をご覧いただきます。さらに、後藤好文理事が「数独の変形」を紹介します。今や普通の数独はクラシック数独などと呼ばれるほど、いろいろな新しい数独が登場しています。参加者と一緒に解いてみます。最後に、第1回に好評だった「数独占い」を、佐貫僚理事のMCで参加者にもう一度挑戦していただきます。数独Tシャツなどの賞品もあります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    鍜治真起(かじ・まき)

    1980年日本最初のパズル専門誌を発行。1983年株式会社ニコリ設立 代表取締役社長に就任し、そのまま現在に至る。2005年より数独の 名付け親として、国内外での講演活動を展開している。2015年日本 数独協会代表理事に就任。

    後藤好文(ごとう・よしぶみ)

    1999年株式会社ニコリ入社。現在は同社取締役副社長。2015年日本 数独協会理事に就任。

    岡本 修身 (おかもと・おさみ)

    多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。広告代理店にディレクターとして勤務。 海外広告賞などを受賞。広告の枠にとらわれないクリエイティブを求めフリーに。 数独のルールを基に、多くの子供たちに、より楽しく考えるパズル"お絵描きパズル 『絵どく』レベル①、②"を出版。ハングル語に翻訳され、韓国でも出版。iPadの 発売を機に『絵どくiPad』版アプリを制作。2015年、一般社団法人日本数独協会/理事。

    佐貫僚(さぬき・つかさ)

    株式会社Crisp代表取締役。ITの最前線を「わかりやすく」伝えることをモットーに、Webを活用した新規事業の立上・マーケティングに携わる。日本のサブカルチャーを海外に動画配信する事業「SOP LIVE」を立上。東京大学にて講演。世界に広がるSudokuをWebの力で発信するべく2015年、日本数独協会理事に就任。プログラマーとしても活動。マイクロソフトイノベーションアワード2011 優秀賞を受賞。

  • 2016/02/22(月)18:30-20:00
    緊急記者報告会「東芝不正会計 底なしの闇」

    毎日新聞出版から1月30日に緊急出版された「東芝 不正会計 底なしの闇」がノンフィクション分野でベストセラーに入りました。この本は毎日新聞が昨年6月にスタートしたビジネスサイト「経済プレミア」での連載「東芝問題リポート」に大幅に加筆、編集して書籍化したものです。筆者の今沢真・経済プレミア編集長兼論説委員が、毎日新聞が経済プレミアを始めた狙いと、東芝不正会計問題の取材を通じて感じた「名門企業の甘え」を緊急報告します。

     


     ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

     ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:150名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    今沢真(いまざわ・まこと)

    毎日新聞経済プレミア編集長兼論説委員。1983年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て、89年10月経済部に移り、金融、財政、税制や、銀行、証券、製造業、流通、食品をはじめとする企業、業界を担当する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から現職。56歳。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop