読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2016年1月のイベントカレンダー

  • 2016/01/06(水)18:30-20:00
    アバランチナイト「バックカントリーでの雪崩と事故の実態について」

    昨シーズン、新聞で大きく取り上げられたバックカントリー(山スキー)での遭難事故。雪崩(アバランチ)安全対策の専門団体である日本雪崩ネットワークの出川あずさ代表が、冬山の脅威である雪崩について、その現象や危険回避について分かりやすく話します。また、過去25年間の死亡事故データによる雪崩遭難の実態についても解説します。スキー場で新雪滑走を楽しまれている方にも役立つようにゲレンデに潜む危険についての説明もあり、幅広い方にご参加いただける内容です。

     


    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。



    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。


    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:150名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    出川あずさ       (でがわ・あずさ)

    1961年横浜市生まれ。日本雪崩ネットワークを設立。日本山岳ガイド協会認定・ガイド養成指導者。

  • 2016/01/07(木)18:30-20:00
    子どもが売られない世界をつくるために

    認定NPO法人かものはしプロジェクトは、児童労働の中でも、最も子どもの心と体を傷つけると言われている児童買春・人身売買をなくすことを目的に活動している団体です。当時大学生だった共同代表の村田早耶香さんは東南アジアで6歳という若さで売られた子どもに出会いました。わずか1万円で売られ、売春宿に閉じ込められ、殴られながら無理やり体を売らされていた子どもでした。そんな現実に衝撃を受け、「なんとかして助けたい」と団体を立ち上げました。「君には無理だ」と言われた村田さんが諦めずに挑戦し、「子どもが売られない世界をつくる」という夢に挑み続ける話をします。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    村田早耶香       (むらた・さやか)

    認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表。 大学生の時に子どもが売られる問題を知り、20歳の時に仲間とともに、かものはしプロジェクト団体を設立。日経ウーマンのウーマン・オブ・ザ・イヤーを史上最年少で受賞、青年会議所の人間力大賞にも選ばれる。「知ってしまった人が取り組まねばならない」との思いで行動を起こし、問題解決に取り組んでいる。

  • 2016/1/14(木)18:30-20:00
    数独の夕べ

     毎月第2木曜日に開催している人気イベント「数独の夕べ」が新年からリニューアルされます。これまで、数独などのパズル制作会社「ニコリ」が開催してきましたが、1月からは一般社団法人数独協会が開催します。

    1回目は、数独協会の鍜治真起代表理事が数独協会について説明した後、後藤好文理事が

    数独を解く力がメキメキ上がる 4x4 実践法を使った数独トレーニングをします。さらに、岡本修身理事による「数独とデザイン」、佐貫僚理事による「新春数独占い」と、盛りだくさんの内容です。新春数独占いでは、数独Tシャツのプレゼントもあります。数独の初心者の方も歓迎です。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    鍜治真起        (かじ・まき)

    1980年日本最初のパズル専門誌を発行。1983年株式会社ニコリ設立 代表取締役社長に就任し、そのまま現在に至る。2005年より数独の 名付け親として、国内外での講演活動を展開している。2015年日本 数独協会代表理事に就任。

    後藤好文        (ごとう・よしぶみ)

    1999年株式会社ニコリ入社。現在は同社取締役副社長。2015年日本 数独協会理事に就任。

    岡本 修身         (おかもと・おさみ)

    多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。広告代理店にディレクターとして勤務。 海外広告賞などを受賞。広告の枠にとらわれないクリエイティブを求めフリーに。 数独のルールを基に、多くの子供たちに、より楽しく考えるパズル"お絵描きパズル 『絵どく』レベル①、②"を出版。ハングル語に翻訳され、韓国でも出版。iPadの 発売を機に『絵どくiPad』版アプリを制作。2015年、一般社団法人日本数独協会/理事。

    佐貫 僚(さぬき・つかさ)

    株式会社Crisp代表取締役。ITの最前線を「わかりやすく」伝えることをモットーに、Webを活用した新規事業の立上・マーケティングに携わる。日本のサブカルチャーを海外に動画配信する事業「SOP LIVE」を立上。東京大学にて講演。世界に広がるSudokuをWebの力で発信するべく2015年、日本数独協会理事に就任。プログラマーとしても活動。マイクロソフトイノベーションアワード2011 優秀賞を受賞。

  • 2016/01/16(土)14:00-15:30
    俳人・大高翔の新春トーク&句会

    毎日新聞の愛読者組織「まいまいクラブ」の人気コーナー「ケータイ写真俳句」の選者を務めた大高翔さんが、句集『帰帆』(角川書店) を出版しました。これを記念して、大高さんが俳句について語るとともに、参加者の方々が「冬」「新年」の句をつくる句会を開きます。俳句の初心者の方も歓迎です。

     

     

     

     

     

    句集『帰帆』 http://www.kadokawa.co.jp/product/321505000072/


     

    ■開催概要
    開場 13:30 開演 14:00
    終演 15:30 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    大高翔         (おおたか・しょう)

    俳人。京都造形芸術大学非常勤講師。1977年徳島県生まれ。13歳より作句。立教大学文学部日本文学科卒。現在、執筆を中心に、講演やテレビ出演、校歌作詞など、幅広く活動。また、ライフワークとして、こどもたちや初心者への作句指導を行う。近著に、第三句集『キリトリセン』(求龍堂)、監修入門書『ゼロから始める俳句入門』、第四句集『帰帆(きはん)』(角川書店)ほか。日本ペンクラブ会員、俳人協会会員、国際俳句交流協会会員、藍花(あいばな)俳句会副主宰。 公式サイト http://www.shootaka.jp

  • 2016/1/19(火)18:30-20:00
    神田紫のビジネス力アップ講談教室

    昨年4月から毎月1回開かれている女流講談師、神田紫さんの講談教室。神田さんが講談の歴史、特徴などを説明した後、参加者全員が講談に挑戦します。講談特有のアクセントや強弱を教わりながら講談本を読みます。大きな声を出すことの気持ちよさを体感できます。  口を大きく開いて講談を読むことにより、話す力や表現力が身につき、ビジネス力(りょく)アップ、日常の会話力向上にもつながります。初めての参加の方も歓迎です。

    ■開催概要
    開場 18:15 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    神田紫(かんだ・むらさき)

    文学座から小沢昭一氏主宰「劇団芸能座」を経て、1979年に講談の二代目神田山陽師に入門。89年真打ち昇進。日本講談協会、落語芸術協会会員。2008~09年には日本講談協会会長を務めた。TV、ラジオなどでも活躍しているほか、毎日新聞社が取り組んでいるMOTTAINAIキャンペーン、富士山再生キャンペーンに協力している

  • 2016/01/26(火)18:30-20:00
    TBSプロデューサーが語る「夢の扉を開く鍵」

    夢を実現しようと、高い志で、あきらめずにイノベーションを生み出し続ける人たちを描く、TBSのドキュメンタリー番組「夢の扉プラス」。

    11年続いた番組の中で、描かれたドリームメーカーたちは、必ずや、夢の実現の途上で、大きな壁に直面している。

    それを彼らがどう乗り越えてきたか、トップイノベーター達の“夢の扉の開く鍵”とは? 番組のチーフプロデューサー黒岩亜純が語る。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    黒岩亜純        (くろいわ・あずみ)

    1968年 東京生まれ 慶應義塾大学卒 1991年TBS入社後、報道局国際ニュースセンター、「報道特集」、「筑紫哲也NEWS23」デスク、政治部などを経て2011年4月より「夢の扉+」チーフプロデューサー。  これまで、9・11同時多発テロ後のアフガン/パキスタン取材、インドネシア・スハルト政権崩壊時など海外での現場取材を重ねる一方で、報道特別番組を多数演出・プロデュース。選挙特番、報道スクープ特番、地雷ZERO特番、そのほか、クリントン大統領(当時)、ゴア元副大統領、英国ブレア元首相、中国朱鎔基首相(当時)といった各国首脳の市民対話特番などを手がける。 2000年には日本民間放送連盟・テレビ報道優秀賞受賞(筑紫哲也NEWS23年末スペシャル特番「信じる」)。

    「夢の扉プラス」

    TBS報道局が総力をあげておくる日本を元気にするドキュメンタリー番組「夢の扉プラス」。TBS系 毎週日曜よる6時30分放送                          番組公式ホームページ http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop