読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2018年10月19日(金)18:30-20:30
美味しい福島の地酒飲み比べまつり! REBOOT FUKUSHIMA vol.2

福島の地酒は今年5月、全国新酒鑑評会(酒類総合研究所)金賞受賞数6年連続日本一を達成しました。6年連続日本一は史上初です。福島県の酒造の入賞銘柄は31、このうち19銘柄が金賞に輝きました。しかし、東京の飲み屋には福島の地酒はあまり置いていないし、一度にいろいろな銘柄を楽しむことはなかなかできません。
そこで、REBOOT FUKUSHIMA実行委員会が「福島の地酒を可能な限り集めて、皆で飲み比べできる機会を東京でつくろう。それが福島の復興・地域づくりの応援にもなる」との思いから、福島の地酒飲み比べまつりを企画しました。福島の地酒とそれを造る蔵、厳選された地の物のおつまみを紹介している福島地酒・おつまみの定期購入サービス「fukunomo」が選ぶ、金賞受賞蔵の地酒とおつまみを楽しめます。
まつりでは、福島県出身の社会学者で立命館大学衣笠総合研究機構准教授の開沼博さんが「福島の地酒が飲みたくなる!福島のいま」と題してトークするほか、豪華ゲストのトークセッションもございます。第2回開催となる今回は、直近の14年で12回の全国新酒鑑評会金賞受賞をしている、福島市の『金水晶酒造店』社長の斎藤美幸さんをゲストにお迎えして、福島のお酒の美味しさの秘密と、テレビ局での仕事経験を活かした、福島のお酒に関する情報発信の考え方についてもお話をいただきます。皆さん、どうぞお楽しみに。

※入場は無料ですが、飲食は有料となります。

■料金
入場無料&一杯無料(要事前予約)

■おかわりチケット
1000円・・・3杯分
3000円・・・10杯分
※チケットでおつまみ・ノンアルコールドリンクも選べます。
【主催】
REBOOT FUKUSHIMA実行委員会
 ・福島からあなたへ、美酒と美肴のマリアージュ「fukunomo
 ・地域の食と職に出逢うローカルスナック「SHOKU SHOKU FUKUSHIMA
 ・開沼博
【協賛】
株式会社エフライフ


※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。 mediacafe_maphall

  • ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:30 定員:150名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    小笠原隼人
    (おがさわら・はやと)

    1984年埼玉県生まれ。
    2012年より、面白い人や美味しい物に惹かれて、福島県郡山市に移住。子どもの電話相談サービス「チャイルドラインこおりやま」、福島から100の事業を創出するプラットフォーム、「一般社団法人ふくしまチャレンジはじめっぺ」の事務局長を歴任。現在は、株式会社エフライフの代表として、新しいお酒とおつまみとの美味しさに出逢えるプロジェクト「fukunomo」編集長や、地域の食と職に出逢えるローカルスナック『SHOKU SHOKU FUKUSHIMA』のマスターとして奔走中

    開沼博
    (かいぬま・ひろし)

    立命館大学准教授。 1984年福島県生まれ。
    2006年より福島第一原発立地地域の社会学的研究をはじめ、3・11後は広く福島の復興についての研究・教育・支援活動を行う。
    著書に『福島第一原発廃炉図鑑』『はじめての福島学』『漂白される社会』など。

    斎藤美幸
    (さいとう・みゆき)

    福島市生まれ。福島市立松川小、福島大学附属中、東京学芸大学附属高校を経て東京大学教養学部卒。元フジテレビ報道記者、福島テレビ報道ディレクター。東日本大震災後の2015年4月、実家の蔵元を継ぐため東京から帰郷。2018年4月より福島市唯一の造り酒屋「金水晶酒造店」4代目社長。 金水晶酒造店は、全国新酒鑑評会では今年、2年連続12回目の金賞受賞。IWCインターナショナルワインチャレンジ2018大吟醸の部ゴールドメダル、2年連続純米酒大賞金賞など受賞多数。コメや水、気候、人柄の良さ等、酒には福島の魅力が全て凝縮されているとして「日本酒は故郷の誇り」と信じ今日も金水晶の名を全国へ、全世界へ発信している。

    北川玉奴
    (きたがわ・たまやっこ)

    神奈川県出身 年齢・性別、非公表。
    お客様のリクエストにお答えして、ギター弾き語りで演歌・歌謡曲を歌う正体不明の女性歌手。
    演歌・歌謡曲のレパートリーは900曲を超える。
    福島第一原発で働いた兄を持ち、その作業員通勤風景を歌った『ROUTE 6』など、福島にちなんだオリジナル曲も制作。
    現在も福島には頻繁に訪れ、仮設住宅等での慰問ライブを実施。




毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop