読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス
イベントカレンダー イベントカレンダー

2018年8月のイベントカレンダー

  • 2018/08/01(水)18:30-20:10
    西日本豪雨被災者支援 緊急チャリティー報告会&コンサート

    毎日メディアカフェは大きな被害を出した西日本豪雨の被災者を支援する連続チャリティーイベントを開催します。その第1回は、現場を取材した記者の報告会と、全盲のヴァイオリン演奏家・穴澤雄介さん、パーカッション演奏家の高木將雄さんによるチャリティーコンサートです。 記者報告会は毎日新聞東京本社社会部の土江洋範記者が現地の様子を語ります。 チャリティーコンサートに出演する穴澤さんはヴァイオリン、ヴィオラ演奏家・作曲家。毎日新聞社発行の点字新聞「点字毎日」に、おすすめ新譜CDを紹介する「幅広おすすめCDレポ」を連載しています。高木さんはふだんから穴澤さんとともに演奏活動をしています。2人は2016年5月、熊本地震被災者支援のコンサートを毎日メディアカフェで開催したことがあります。 入場は無料ですが、会場で募金をお願いします。

    募金は全額、毎日新聞東京社会事業団に寄託して、被災地支援に充てます。



    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。 mediacafe_maphall

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:10 定員:150名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    穴澤雄介
    (あなざわ ・ゆうすけ)

    千葉県出身。筑波大学附属盲学校高等部本科音楽科、同専攻科音楽科 を卒業。2007年に全国発売された「あの木に寄りかかって」を含め、これまでに多くのCDをリリース。2009年、NHKラジオ「ともに生きる」テーマ曲に、自作曲「ようこそ楽登(がくと)王国へ」が採用されるなど、いくつかの自作曲が各局番組のテーマ曲として使用される。講演では、「過去は変えられる、マイナスをプラスに」といったテーマで、逆境を反転させるアイディアについて語り、2014年には講演の内容をまとめた初の著書、「見えなくなったら希望が見えた」(KADOKAWA) を出版した。第7回ゴールドコンサートでグランプリ受賞、第8回市川新人演奏会オーディショ ンに合格(自作自演による合格者は初)、第43回全国盲学生音楽コンクールヴァイオリン部門第2位(第1位該当者無し)。全日本演奏家協会 準会員。

    高木將雄
    (たかぎ・まさお)

    ドラム、パーカッション 東京都葛飾区出身。日本大学芸術学部音楽学科(打楽器専攻)を卒業。小学4年生よりマーチングバンドにてスネアドラムを叩き、中学からは吹奏楽部でドラムを始める。日本大学芸術学部在学中にビックバンドにて本格的にドラムを開始。卒業後はフリーランスのドラマーとして、ジャズ・ポップス・クラシック等、ジャンルを問わず、様々な音楽シーンで活動中。ヴァイオリンの穴澤雄介氏とのデュオ「Dot&Line」は、東京都主催の第6回ヘブンアーティストオーディションに合格。

    土江洋範
    (つちえ・ひろのり)

    毎日新聞東京本社社会部記者。7月、西日本豪雨の災害現場を取材。

  • 2018/08/02(木)18:30-20:00
    もしもディズニーが難病を患う子どものために施設を創るとしたら

    公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」は、全国に20万人以上いる難病を患う子どもとそれを支える家族全員を応援する非営利組織です。ウィッシュ・バケーション(家族全員旅行)をはじめ、外出が困難な子ども、緊急性の高い子どもを対象としたスノーホワイト・プログラム、シンデレラ・プログラムなど、医療や福祉の専門家とは異なる視点から、難病の子どもとその家族を社会とつなげる場を創出する活動をしています。来年夏には、「Hope&Wishレスパイト・ファミリー・ヴィレッジ」を開設する計画です。難病の子どもとその家族が365日いつでも滞在できて、地域の人々と交流を持つことのできるコミュニティーです。
    このセミナーでは、「難病の子どもとその家族へ夢を」代表の大住力さんが活動を始めた経緯や思い、活動内容、今後の展望を語ります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    大住力
    (おおすみ・りき)

    公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」代表。
    東京ディズニーランド等を管理・運営するオリエンタルランドに入社し、約20年間、人材教育や運営、マネジメントなど、さまざまな業務に携わる。2010年、公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」を設立。難病と闘う子どもと家族への応援とともに、誰でもが持っている「底力(ソコリキ)」 を応援するべく、人材育成研修、講演などで幅広く活動している。ソコリキ教育研究所所長、東京2020オリンピック・パラリンピックにおけるボランティアサポートセンター・アドバイザー(人材教育担当)、ハウステンボス元顧問。

  • 2018/08/07(火)18:30-20:00
    「思い出ノート」を使って自分史作りに挑戦!

    毎日新聞社は「思い出ノート」を制作しました。名前の由来、学校時代の思い出、友だち、住まい、仕事、趣味、夢などの100の設問に答えていくと、自分史のもとになるノートができあがります。思い出してノートに書きとめることは脳の活性化にもつながります。
    このワークショップでは、思い出ノートを考案した毎日新聞社ビジネス開発本部の椎原洋委員が、思い出ノートができあがるまでの経緯を説明するとともに、思い出ノートの使い方、昔を思い出したり、文章を作成したりするコツを伝えます。
     教材費(思い出ノート)500円(税込)がかかります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:20名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    椎原洋(しいはら・ひろし)

    毎日新聞社ビジネス開発本部委員。1967年神奈川県生まれ、97年毎日新聞入社。出版局、社長室などを経て新規事業開発を担当。趣味はキャンプ、DIY。

  • 2018/08/08(水)18:30-20:00
    「ドゥーラ」に学ぶ現代の助け合い精神

     「赤ちゃんは欲しいけど今は産めない」。出産後の社会復帰の複雑さや親の高齢化、都市化、核家族化などによって、ますます「産み」にブレーキがかかる日本。そのなかで、産前から産後まで、女性の精神を継ぎ目なく見守る「ドゥーラ」の存在が、医療や学問の世界で注目されています。
     「ドゥーラ」とは、ギリシャ語で「女性に仕える女性」。産前産後の女性に寄り添い、支える人のことをドゥーラと呼んでいます。1970年代に米国の人類学者が、この言葉を母乳育児の分野で紹介しました。以来、欧米を中心に、さまざまな研究と実践が進み、出産や子育てだけでなく、終末期のケアにもこの考え方が導入されています。
     今回のトークでは、産前産後ドゥーラとして活動する木村章鼓さん(パリ在住)と、日本初のドゥーラ団体「ドゥーラシップジャパン」(前身は日本ドゥーラ協会)の中心メンバー、薬師寺麻利子さんが登壇し、実際のドゥーラケアをはじめ、ドゥーラが誕生した社会的背景やこれまでの歩みを語ります。また、同団体のスタッフ、松野千恵さんが会場から発言する予定です。
     当日は明珍美紀記者が進行役を務めます。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:20名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    木村章鼓(きむら・あきこ)

    ドゥーラシップジャパンのメンバーで、「産前産後ドゥーラ」活動を実践。元アリタリア航空CA。エジンバラ大学大学院医療人類学修士号取得。これまで世界65カ国を訪れ、「ドゥーラ精神」を発揮しながら女性たちに寄り添う。夫の仕事の関係で現在はパリ在住。一男一女の母。

    薬師寺麻利子(やくしじ・まりこ)

    ドゥーラシップジャパンの中心メンバー。北米ドゥーラ協会(DONA)認定出産ドゥーラ、助産師、国際認定ラクテーションコンサルタント。2001年ワシントン州シアトルでドゥーラとして出産に付き添い、活動をスタート。日本で普及活動を進める。

  • 2018/08/08(水)18:30-20:00
    東ちづるさん「『まぜこぜの社会』をめざして」 西日本豪雨被災者支援 緊急チャリティートークイベント

    毎日メディアカフェは大きな被害を出した西日本豪雨の被災者を支援する連続チャリティーイベントを開催します。第2回は、甚大な被害を受けた広島県尾道市出身の女優、東ちづるさんが、故郷への思いや自身が長く取り組んできた骨髄バンクやドイツ平和村、障がい者アートなどのボランティア活動について語ります。 また、全盲のシンガーソングライター、佐藤ひらりさんが歌唱を披露します。 入場は無料ですが、会場で被災者支援のための寄付を募ります。募金は全額、毎日新聞東京社会事業団に寄託して、被災者支援に充てます。



    ※会場は毎日新聞東京本社(竹橋:パレスサイドビル)B1「毎日ホール」となります。 mediacafe_maphall

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:150名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    東ちづる
    (あずま・ちづる)

    女優。一般社団法人Get in touch 代表。広島県尾道市出身。会社員生活を経て芸能界へ。ドラマから情報番組のコメンテーター、司会、講演、出版など幅広く活躍。プライベートでは骨髄バンクやドイツ平和村、障がい者アート等のボランティアを25年以上続けている。2012年、アートや音楽、映像等を通じて、誰も排除しない、誰もが自分らしく生きられる“まぜこぜの社会”を目指すGet in touchを設立した。自身が企画・インタビュー・プロデュースした記録映画「私はワタシ~over the rainbow~」が順次上映されている。著書に、母娘で受けたカウンセリングの実録と共に綴った『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか~「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』や、いのち・人生・生活・世間を考えるメッセージ満載の書き下ろしエッセイ「らいふ」など多数。

    佐藤ひらり
    (さとう・ひらり)

    シンガーソングライター。2001年5月28日新潟県三条市生まれ。視神経低形成により、生まれつき全盲。5歳の時、ピアノに触れ音楽に目覚める。小学校入学後、アルビレックスBB・BCで国歌斉唱。老人ホームや東日本大震災の避難所での慰問コンサート、あしなが育英会を通じてのチャリティーコンサートなど県内外で年間20本ほど演奏活動を行うようになる。9歳の時に、初めてのオリジナル曲「みらい」を作詞・作曲。2013年にはニューヨーク アポロシアターにてアマチュア・ナイトに挑戦、ウィークリー・チャンピオン獲得。

    聞き手

    山口一朗
    (やまぐち・いちろう)

    北海道出身。1990年に毎日新聞社入社。広島支局、毎日文化センター広島館長、岡山支局次長などを経験。毎日文化センター広島館長のときに東日本大震災が発生、「広島でできる身の丈に合った支援」をテーマに、同センターで東日本大震災の被災者支援イベントを計25回開催した。西日本豪雨被災者支援緊急チャリティーイベントの発案者。

  • 2018/08/10(金)14:00-15:30
    「J&Jキッズ」夏休み自由研究イベント ~医療や健康について学びながら自由研究を作成しよう!~

    世界最大級のヘルスケアカンパニーであるジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界60カ国のグループ企業を通じて、みなさまに消費者向け製品、医療機器、医薬品の製品をお届けしています。

    この度、医療をテーマとした自由研究ウェブサイト「J&Jキッズ」を開設し、「病院のおしごと」「臓器のやくわり」「骨や関節のしくみ」「脈の変化」を学び、自由研究作成のサポートをしています。

    この夏、「健康ってなに?」「肩のはたらき」が新しく加わる予定です。「健康ってなに?」では、日本人の寿命や健康年齢をはじめ、家族が健康に過ごすためのヒントを学びます。「肩のはたらき」では、日本人に多い肩こりや、その他の病気のチェック方法、肩のしくみを学びます。

    「J&Jキッズ」の新しい学びのテーマ公開を記念に、特別授業を開催いたします。ジョンソン・エンド・ジョンソンの講師が健康や肩のはたらきについての授業をしたあと、参加した小学生が、からだのしくみについての「図鑑」を作成します。作成した作品は、自由研究として持ち帰ることができます。

    ★保護者同伴でご参加ください。保護者の方の見学は可能です。参加家族には、もれなくジョンソン・エンド・ジョンソン製品の詰め合わせギフトセットをプレゼントします。



    イベントでは、こんなことが学べます!

    「J&Jキッズ」夏休みイベント特別授業

    1)健康ってなに?

    日本人の寿命や健康年齢をはじめ、家族が健康に過ごすためのヒントを学びます。

    2)肩のはたらき

    日本人に多い肩こりや、その他の病気のチェック方法、肩のしくみを学びます。


    自由研究を作ってみましょう!

    からだのしくみについての「図鑑」をご一緒に作成します。ご作成頂いた自由研究は、お持ち帰りいただくことが出来ます。



    尚、ウェブサイト上では、夏休み自由研究コンテストも開催予定です。詳しくはこちらよりご覧ください。

    医療をテーマとした自由研究ウェブサイト「J&Jキッズ」

    https://www.jnj.co.jp/kids/



    このイベントは対象学年が小学4年生以上となります。

    お申し込の際に参加されるお子さまの学年を必ずご記入ください。

    ご記入がない場合、参加できない場合があります。

    ■開催概要
    開場 13:30 開演 14:00
    終演 15:30 定員:18名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

    登壇者

    上田寛之
    (うえだ ひろゆき)

    ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 メディカル カンパニー

    デビューシンセス事業本部 マイテック スポーツ メディスン事業部

    プロフェッショナルエデュケーション マネージャー


    ジョンソン・エンド・ジョンソンの医療機器部門における整形外科領域で、医療従事者向けトレーニングを担当。今年より、肩の病気の一つである「腱板断裂(けんばんだんれつ)」の疾患啓発活動を推進。幼少期を四国愛媛で過ごし、昆虫採集や魚釣りを楽しむ。自然の恵みに囲まれたことから、生物への関心が高く、医療の仕事に就く。大家族で育った環境から、父・母とともに、祖父・祖母が一緒に住む家庭で育ち、肩叩きを日常的に手伝っていた。その経験から、医療について家族で考える機会を作り、家族団らんとして役立てて欲しいと願う。

  • 2018/08/22(水)11:00-17:00
    岩手県東日本大震災復興応援展示即売会

    東日本大震災から7年。岩手県では復興が着実に進んでいます。復興を応援する岩手県の物産の展示即売会を開催します。海産物、野菜、物産品をそろえています。岩手県・三陸の美味しい恵みをご賞味ください。



    下記の物産が販売されます。

    ●南蛮漬、●秋刀魚ラーメン、●白金豚ラーメン、●前沢牛ラーメン、●小山わんこそば、●めかぶそば、●とろろうどん、●チョコ南部、●無着色焼鮭、●焼鮭ほぐし、●鮭しぐれ煮、●ぺろっこラーメン、●ぺろっこうどん、●南部せんべい落花生、●南部せんべい胡麻、●にこにこなんぶ、●南部せんべい詰合せ、●いかせんべい、●いちご煮、●国産サバのレモンバジル味、●ピリ辛しわきゅうり、●干しイサダ、●かもめの玉子さくら便り、●北上市の野菜各種 など。

    こちらのイベントは予約不要です。いつでもだれでもお買物ができます。

    ■開催概要
    開場 11:00 開演 11:00
    終演 17:00 定員:参加自由名

    > 予約応募はこちら

    応募受付は終了しました

  • 2018/08/24(金)18:30-20:00
    深海100mの世界 ~世界記録保持者 廣瀬花子選手報告会~

    2018年7月16日から26日、中米バハマで行われた世界最高峰のフリーダイビング大会『VerticalBlue2018』にて、106mという世界記録を打ち出し、史上2人目となる100mオーバーの記録を出した廣瀬花子さんによる報告会を毎日メディアカフェにて開催します。

    フリーダイビングの基礎知識から深海100mの世界など、フリーダイビングの魅力に迫ります。当日は世界記録を打ち出した時の映像も放映を予定しています!

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    登壇者

    廣瀬花子
    (ひろせ・はなこ)

    フリーダイビング / 現日本記録保持者。 2010年,2012年,2016年人魚JAPANメンバーとして3度の世界一に輝く。 2017年4月、世界女子史上2人目となる水深100mへ到達。 また水深103mで当時の世界記録を更新。 現在は水中モデル、水中スタントとしても活動を展開中。

  • 2018/08/27(月)18:30-20:00
    笑いヨガ体験教室~西日本豪雨被災者支援イベント

    「アッハッハー」と笑うだけで元気になる。「笑い(Laugh)」は健康増進に役立ちます。この笑いを取り入れた体操と「ヨガ」の呼吸法を組み合わせた「笑いヨガ」を体験してみませんか?

    笑いには、面白いから、うれしいからなどの理由は必要ありません。体操として笑う動作をすることが心と体の元気につながるのです。インド生まれの医師が考案した「笑いヨガ」を日本で広める高田佳子・日本笑いヨガ協会代表が講師を務めます。子どもから高齢者まで、医師に運動を止められている人以外は誰でもチャレンジできます。

    この体験教室は、西日本豪雨被災者支援イベント第3回として開催します。会場で募金をお願いします。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    登壇者

    高田佳子
    (たかだ・よしこ)

    日本笑いヨガ協会代表。桜美林大学大学院老年学専攻修士課程修了。「笑いとコミュニケーション」をテーマにしたイベントプロデュースの会社「アートランド」を設立。2009年にインドで笑いヨガを学んだ後、「笑いケア」「笑トレ」といった独自の方法を開発し、全国各地で講演している。著書に「ボケないための笑いヨガ」(春陽堂)など。

  • 2018/08/28(火)18:30-20:00
    横井久美子 ネパールを語る ~ドキュメンタリー上映とトーク&ライブ

    「私の愛した町」で知られるシンガーソングライターの横井久美子さんが、ネパール山峡の貧しいサチコール村で子どもたちにギターを教え、サンギート(音楽)ホールを完成させるまでの6年間のドキュメンタリーを制作しました。ヒマラヤに抱かれたサチコール村で、ギターや太鼓を手にした子どもたちの喜びの姿。村人たちがすべて人力でホールをつくり上げるダイナミックな姿。ドキュメンタリーを観ながら、横井さんが「音楽の力」「学ぶ喜び」「人間らしく生きる」ことの根源を歌とともに語ります。

    ■開催概要
    開場 18:00 開演 18:30
    終演 20:00 定員:30名

    登壇者

    横井久美子(よこい・くみこ)

    1944年名古屋市生まれ。国立音楽大学声楽科卒。コーラスグループ「ボーチェアンジェリカ」を経てソロ活動に。行動するシンガーソングライターとして、アイルランド、ベトナムをはじめ世界各国で歌い、国内では、大小さまざまなコンサート活動を続けてきた。2005年ベトナム政府よりベトナム戦争を勝利に導いた国際的友人として「国際平和友好勲章」を受ける。1998年文化庁芸術家在外研修員として、アイルランドのリマリック大学に短期留学。2014年デリー市(北アイルランド)から長年の文化交流に対し「国際市民友好賞」を受ける。CD「私の愛した町私の愛した人」「VIVA KUMIKO」(音楽センター)他、多数。著書「ただの私に戻る旅」(旬報社)他。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop

ページtop