読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

古山まどかのCSR担当レポート

株式会社アイリックコーポレーション

この方にインタビューしました!

広報宣伝部 部長 田中 佳代子さん

日本最大級の“保険のホームドクター”とは

まどか:
アイリックコーポレーションさんはいろいろな保険会社の商品を扱っているのですね。
田中氏 :
保険会社は多くありますが、少しでもお客さまの選択肢を増やせるよう38社の保険を取り扱い、ご希望にあった商品を提供しています。しかし、本当に自分に合う保険が分からない、というお客様がかなり多くいらっしゃいます。
まどか:
 通常の買い物であれば、これが欲しいからあの店に行こう、と明確ですよね。でも保険となると、自分が何を求めているか分からないというのが共感できます。
田中氏:
そこでオープンしたのが「保険クリニック」という保険ショップです。 専門知識を持ったアドバイスをするコンサルタントを置き、お客様の不安や疑問を、安心と納得へ変えていただけるよう作られました。お客様の保険のホームドクターでありたいという想いが込められています。

まどか:
なるほど。あなたの保険のホームドクターとは、地域密着型で相談出来るということなのですね。
田中氏:
地域に根差したコンサルティングサービスができるように、保険代理店として初めてフランチャイズ展開を始めました。2008年には保険ショップ単独ブランド数で日本一を達成し、現在は164店舗と順調に店舗数を増やしています。
まどか:
まさにお客様の身近にいる保険のホームドクターなのですね!

保険加入者のために ~「保険IQシステム」の開発~

田中氏:
保険の世帯加入率は何割くらいだと思いますか?
まどか:
5~6割でしょうか?

田中氏:
ほとんどの方がそれくらいとお答えになりますが、世帯加入率(2000万世帯)は9割を超えます。しかし、なんとなく保険に入っている方がほとんどなのです
まどか:
ほぼ全ての世帯が、何かしらの保険に入っているとは驚きました。でも、多くの方が保険の内容について把握しきれていない実態があるのですね。

田中氏:
その通りです。一番多かったご相談が“加入中の保険への疑問”でした。そこで、誰が見ても分かる資料が必要だと感じ、保険IQシステムを開発しました。
まどか:
保険IQシステムとは、どういったシステムですか?
田中氏:
主に2つの機能があります。お客様がご加入されている保険の内容を分析する機能と、お客様の要望で複数社の保険商品を検索し比較する機能です。どちらの機能も保険以外の商品ではめずらしくないですよね。たとえば、服やアクセサリー、電化製品や車。どんなものでも、インターネットで価格や性能を比較してから買うのは当たり前ですよね? 
まどか:
そうですね。保険は当たり前じゃなかったのですか?

田中氏:
はい。実は当たり前ではなかったのです。複数の保険を比較するためにはそれぞれの会社のパンフレットを見て、お客様ご自身で比較するしかなかったのですね。これは、とても大変な作業ですし、なにより「楽しくない」ですね、服やアクセサリーを選ぶのと違って。
まどか:
確かに楽しくないのに大変そうです。
田中氏:
そこで、希望の条件やキーワードを入れるだけで、取り扱っている保険が同一フォーマットで比較できるシステムを作ったのです。、同時に、すでにご加入の保険についてグラフやかんたんな言葉で説明した「分析シート」を作りました。せっかくお店に足を運んでいただくので「自分だけの資料」を持って帰っていただきたいな、という気持ちもありましたね。
まどか:
分析シートはお土産、なんですね! それに、たくさんの保険会社で同じ条件の保険を1つの画面で比べられるのは凄く分かりやすいですね。

田中氏:
私達は、このシステムの開発に15年前から取り組んでいます。最初はなかなかご協力いただけなかった保険会社もありましたが、いまでは各会社から協力を得て936通り※2015年5月現在 の保険が登録されていますので、その中から検索・比較していただけるようになりました。
まどか:
多様化するお客様のニーズに応えられる、素晴らしいシステムですね。
田中氏:
りがとうございます。保険は難しくなく比較できやすいものであるということをお客様にお伝えしたいと思っています。そのため、この保険IQシステムは自社だけで使うのではなく、銀行や証券、流通など。さまざま業種の企業代理店様にもシステムをご提供しています。
まどか:
アイリックコーポレーションさんが独自開発されたシステムが、いまや保険業界のスタンダードとして広がりをみせているのですね。

これからの展開

まどか:
保険クリニックにご来店されるお客様はどういった方が多いのでしょうか。
田中氏:
4,5年前はファミリーで来店されることが多く、若い頃に入った保険の見直しや、家計を節約といったご相談が多くありました。ここ最近では独身の女性や、シニア世代の方のご相談が増えています。
まどか:
女性の社会進出や、会社を辞めてから若々しく人生を楽しむ方が増えているといった、時代背景を反映していますね。
田中氏:
独身の女性は、自分のための医療保険の相談や、女性ならではの病気に関する保険の相談や、貯蓄につながる保険のご相談が多いです。シニア世代の方は、会社をリタイアした後の保険の相談などがあります。保険の話の前に、お金に対する不安や基礎知識などを気軽に相談できる場所として保険クリニックがあると考えております。

まどか:
私も是非相談させて頂きたいです!最後に今後の展望を聞かせて頂けますか。
田中氏:
店舗は200店舗以上には増やしたいと考えています。ただ、店舗数や規模でお客様に認知していただくのは違うかな、と。家計や住宅ローン、介護や年金など。保険以外も気軽に地元の専門家にご相談いただける店舗づくりを最優先しています。お客様にとって、保険加入だけではない相談窓口として使って頂きたいと思っております。そのために、より一層、地域密着を目指していきます。

企業情報

非公開: 株式会社アイリックコーポレーション

〒113-0033

東京都文京区本郷2-27-20  本郷センタービル4F

 

インタビューを終えて

自分に合った保険を選ぶことって本当に難しいですよね。保険クリニックでは、お客様のお話をしっかり聞き、お客様が満足できる提案をしているというお話をお伺うことができました。 みなんが入っている保険はいかがですか?



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop