読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

古山まどかのCSR担当レポート

戸田建設株式会社

この方にインタビューしました!

広報・CSR部
(左から)佐藤 孝一さん、森山 有輝さん
価値創造推進室
樋口 正一郎さん、本多 亜紀さん

使って初めて“命”が吹き込まれる。そこに最大の価値を生む、職人の精神

まどか:
「人がつくる 人でつくる」というブランドメッセージがCSRの精神をとても良く表しているなと感じました。
森山氏:
戸田建設らしさを表せるメッセージは何だろう、ということで5年前に作られました。一昔前、出入り大工と呼ばれる大工がいたのをご存じですか?出入り大工は、建てた時から補修まで、その家の全てを一生面倒見てくれる職人のことです。そこには、人と人とのつながり、信頼があった訳です。その精神をこの言葉に込めました。

樋口氏:
当時の社長がよく言っていた言葉に、「戸田建設の品質は協力会社さん皆さんのおかげ」というのがありました。我々は自分で手を動かしてつくっている訳ではありません。機械化が進んだとはいえ、職人さん達の手仕事のおかげなのです。だからこそ、協力会社さんを大切に考えています。
まどか:
そこから「価値ある戸田建設」につながるのですね。

森山氏:
そうです。弊社の製品は建設物なので、長ければ数十年残るものです。つまり、良くも悪くも、長く影響を及ぼすのです。だからこそ、より品質の良いもの、価値あるものを提供しようというのが「ものづくり」の考え方です。
樋口氏:
建設物は、つくって終わりではありません。仕事をしたり、住んだり、使ってもらって初めて価値が生まれるのです。ご提供した後に最大の価値を生み出せるような仕事をしなさい、という今井社長の思いから、今年の一月に価値創造推進室という部署が作られました。
まどか:
商品そのものの品質はもちろんですが、その先の価値を最大限に考えるというのは素晴らしいですね。
樋口氏:
私が入社して初めての現場が区民会館だったのですが、つくっている時は当然、職人さん以外誰もいないのです。それが完成し、最初の催しで1000人規模の会場が満員になっているのを見た時、建物は使ってもらって初めて命が吹き込まれるのだなと実感しました。

戸田建設が考える、環境未来都市の実現へ

まどか:
川俣町の過疎化スマートコミュニティについて教えてください。
樋口氏:
川俣町は町の一部が避難区域に指定されており、この地域は比較的過疎化しているエリアなのです。復興で町をつくり直すのに、単に元に戻すだけではなく、高齢者の方々がより住みやすい町を提案してきました。再生可能エネルギーを活用し、コミュニュティが生まれるコンパクトな町づくりを目指して、来期で3年目の事業です。

本多氏:
川俣町には何度も足を運び、仮設住宅や集会の場などで住民の方の声を直接聞いています。元々農家で日々体を動かしていた人たちが、農地がなくなってしまったため、ほとんど動かなくなっているのです。足腰が弱ってしまうので、小さい菜園を作ったり、体操をしたりはしますが、あまり長続きしないのが現状です。その為、一刻も早い復興を望む声が多いです。
まどか:
過疎化や高齢化に伴い、スマートコミュニティの考え方はこれからの日本に必要不可欠ですね。
樋口氏:
震災から3年が経ち、住民の方々も考え方が変わってきているようです。年を重ねれば、遅かれ早かれ体が弱くなり、出かけられなくなる。それならば、なるべく歩いていける範囲で生活が成立し、仮設住宅でのコミュニュティも残していく、コンパクトな町が良いと感じ始めていらっしゃいます。災害に強く、高齢になっても安心して暮らし続けられる町づくりに貢献していきたいと考えています。
まどか:
社内向けのCSR活動、啓発教育などは何か具体的に活動されていますか?

佐藤氏:
啓発活動では、グループ会社も含め社員全員にCSRレポートを見てもらい、その感想も含めた意識調査アンケートを実施しています。教育では、企業倫理、情報セキュリティ、CSRなどについてeラーニングを実施しています。
まどか:
そのアンケート結果を拝見すると、CSR活動の充実を図るために必要なことは?との問いに、実に80%近くの方が「一人ひとりの意識づけ」と答えていらっしゃいました。
佐藤氏:
そうですね。複数回答可だったのですが、断然多い回答でした。更に意識づけをするために具体的にどうしたら良いかというのは、今後の課題です。
森山氏:
色々活動をしていても社内、社外を含めあまり知られていないという現状があり、去年の3月から広報とCSRの二つの部署が一緒になりました。今後はCSR活動を社内外に向けて、より良い情報発信ができるようにしていきたいと思っています。

企業情報

戸田建設株式会社

本社所在地: 東京都中央区京橋一丁目7番1号
TEL: 03-3535-1354

インタビューを終えて

障がいがある方の雇用についてのお話で「触れ合うことで理解が深まる」という言葉が印象的でした。障がいのあるなしに関わらず、色んな人が働きやすい職場づくりには、欠かせない考え方なのかなと感じました。そのせいか、今回最多の4名の方にお話を伺ったのですが、和気藹々と良い雰囲気の中インタビューをさせて頂きました。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop