読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

古山まどかのCSR担当レポート

クリナップ株式会社

この方にインタビューしました!

コミュニケーション部
部長
松尾 昭則 さん

家族の中心であるキッチンから笑顔が生まれる

まどか:
2009年からの新しい企業理念が「家族の笑顔を創ります」とありますが、これにはどのような願いがこめられているのでしょうか。
松尾氏:
1973年に日本で初めてシステムキッチンを作って以来、日本の家庭に愛されるキッチンを作り続けてきました。そこで“キッチンから笑顔をつくろう”というブランドステートメントで、時代や家庭ごとのニーズにあったものづくりをしています。効率良く、快適に使えるキッチンにすることで、家庭内のコミュニケーションが円滑になることを目指しています。

まどか:
これからの時代、社会に出て仕事をしながら家事をする女性はもっと増えると思うので、その中の一人を目指す私としてはとても興味深いです。キッチンは、家庭だとやはり団欒の中心にあるイメージですね。
松尾氏:
現在のキッチンは、対面式のものが多くあります。やはり、家族とコミュニケーションが取れるように、料理をしながら家族の様子が見られ、会話ができるスタイルが主流なのです。また、なるべくストレスフリーにすることで、労力や時間を減らし、その分家族とのコミュニケーションを大切にして貰おうと考えています。

まどか:
キッチンは毎日使うものなので、いかに快適に使えるかはとても重要ですね。
松尾氏:
その通りです。小さい、細かいことでも毎日の積み重ねですと負担は大きくなります。例えば、キッチンから出る“音”です。キッチンでは様々な音が発生します。その音によって、会話に支障が出ると考え、制音の機能ができました。 (従来のシンクと、クリナップさんの美・サイレントシンクに、ゴルフボールを落として、音の響き方の違いを実際に見せて頂きました。)
まどか:
単純にキッチンを使う人が使いやすいだけではなく、コミュニケーションを考えてデザインされているのですね。

人にも地球にも優しいものづくり

まどか:
キッチン回りの環境配慮ですが具体的にはどのようなポイントがあるのでしょうか。
松尾氏:
ステンレスエコキャビネットと言いまして、何年経っても丈夫で清潔に保つことができます。従来の木製キャビネットではリサイクルできなかったものが、全てステンレス製にすることで解体しやすく、リサイクルを推進しています。ステンレスは錆びにくい、熱に強い、水に強いなどの特徴がありますが、リサイクル率が80%以上で環境に優しい素材なのです。また使用しているステンレスは、レアメタル(クロムやニッケル)の含有量を約46%削減した世界初の素材です。人だけではなく、地球のためにも清潔・長寿命・ECOを目指しています。

まどか:
ステンレス製になることで、お手入れも簡単で、キッチンを一番使うお母さんたちはかなり助かりますね。そして更に環境にも優しいのですね。
松尾氏:
その通りです。他にも、美・サイレントシンクと言いまして特殊なコーティングと特殊エンボス加工を施すことでお手入れカンタンでキズが付きにくくなっているシンクや、洗エールレンジフードと言う、フィルターとファンを自動で洗浄してくれるレンジフードなどがあります。
まどか:
レンジフードのフィルターとファンを自動洗浄とは、とても画期的ですね!年末の大掃除の時に、とても苦労しているイメージがあります。笑
松尾氏:
時間と手間がかからないのはもちろん、洗剤を使用せず約0・65ℓのお湯だけで洗えるので、とてもエコなのです。
まどか:
人にも環境にも優しい工夫が沢山あるのですね。

「親孝行って、いいね!」キャンペーン

まどか:
「親孝行って、いいね!」キャンペーンですが、これはどういうキャンペーンなのでしょうか?
松尾氏:
親孝行としてキッチンのリフォームをしてあげたい!という夢を叶えるキャンペーンです。「私が親孝行として、キッチンをリフォームしたい理由」をエピソードと共に全国から募集し、見事グランプリに選ばれた方に、実際にクリナップの最高級システムキッチンをプレゼントするのです。 今年は応募総数2598通の中からファイナリスト5名まで絞られ、2014年5月11日の母の日に、お台場のアクアシティにて授賞式を行いました。

まどか:
2598通のなかから、今回はどのような方が大賞をとられたのですか?
松尾氏:
グランプリの受賞者は神奈川県の雨貝様と小松様姉妹です。 とても母親想いの姉妹で、エピソードの中でも母親を気遣うシーンがたくさんあったことが印象的でした。現状の30年以上使われている古く危険なキッチンをリフォームすることで、安全で快適なキッチンに変えたいという熱い想いが伝わってきました。 お母様の「愛情ごはん」を、娘さんが安心できるキッチンで、快適に料理してほしいと願っております。
まどか:
私も今日キッチンを見せて頂いて、今と昔でのキッチンの性能の違いに驚き、来年は是非私も「親孝行って、いいね!」に応募してみたいと思います!! 笑
エピソードはこちら:
「親孝行って、いいね!」キャンペーンサイトでご覧ください。

企業情報

非公開: クリナップ株式会社

〒116-8587 東京都荒川区西日暮里 6丁目22番22号
電話 03-3894-4771(大代表)

インタビューを終えて

今回はショールームでインタビューさせて頂いたので、終始大興奮でした!笑 新しい技術によって家事にかかる時間が短宿され、そこから家族の団欒の時間が生まれるという考え方は素敵ですね。これからの社会は働きながら家事をする女性はもっと増えると思うので、その中の1人を目指す私としてはとても興味深いものでした。



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

SAVE the BLUE

         

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop