読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

古山まどかのNPOレポート

NPO法人YouMe Nepal

代表 ライ・シャラド
「国に恩返し」を胸に、ネパールの草の根から、教育やその他大切な社会インフラの
あるべきデファクトスタンダード確立を夢見て、日々活動中。

ボクたちが村に学校をつくった理由

こんにちは、初めまして。夢ネパールのライです。 ヒマラヤを望む山稜にある、ガスも電気も届かない小さな村で生まれたボクは、 小学校4年生の時に運よく選ばれて、首都カトマンズにある ネパールで唯一の進学校へと国の奨学金で通うチャンスをもらいました。 その後も母国のおかげで、日本の大学と大学院に進み大切な学びの機会を得ることができました。 一方、故郷の同級生達は誰一人として高校に進学することは叶わず、 まだ10代の内から中東やマレーシアへ肉体労働の出稼ぎに何年も行かざるを得ない状況であることを知りました。 ボクは、たまたま日本で学ぶことが出来たけど。 もしかしたら自分も同じ道を選ぶしか、なかったかも知れない。

そして、2011年の1月。 卒業を目前にしたボクは決意しました。 「国の若者の8割が、海外へと出稼ぎに行く現実を変えるには、 自分が与えられたのと同じチャンスを、皆が得られる必要がある。 その為には、『誰もが通える、夢のような学校を創るしかない。』」 大学で学校作りや教育を学んだわけでもなければ、お金もありません。 「それでも、今やらなければ、ずっと現実は変わらない。」 ボクは日本で出会ったかけがえのない友人たちと共に、 自分の生まれ故郷へと飛び立ち、村で集めた竹の柱とトタン屋根で学び舎を作って 同じ年の春から、小さな学校をスタートさせました。

国に恩返し

「国に恩返し。」 これは、ボクたちが村に学校を始めて作った時からの思いです。 ボクたちの学校は8人の生徒から始まりました。 その後、たくさんの人々に支えられ、7年目を迎えた今、村のトタン屋根の学校は レンガやコンクリートで作られた壁と教室が増え、さらに、別の街には新しい学校を開くことが出来ています。 2校を合わせた生徒数は361人にもなります。 7年前に夢でしかなかった「誰もが通える、夢のような学校」が、 ようやく目に見える形になってきました。

ボクたちの学校には、スタートの時から実践し続けている5つのルールがあります。

1. 時間と約束を守ること。

2. 自分自身で掃除をし、環境を整えること。

3. 学び場に垣根を作らない。皆が通える学費であること。

4. 皆が対等に意見を交わす事が出来る、カーストフリーであること。

5. 英語を基本とし、ITを取り入れ、グローバルスタンダードであること。


これは、子供たちの為に変えたかった、ボク自身が日本で学んだ大切なことです。 GDPなどの経済指標では、アジアで最も貧しい国と言われるネパール。 その中でも最も人里から離れた村の1つに、今、確かに、こんな学校が存在するのです。 夢ネパールの学校で学ぶ子供たちの目の中に、輝くネパールの未来が見えます。 ボクたちはその目を持つ子供たちを、何倍、何十倍、何百倍に増やしたい。 それが、国への本当の恩返しだと思っています。 そして今、ボクたちが思い始めた事があります。 「国への恩返しは、世界への恩返し。」 助け続けてくれている沢山の人たちに。そして、これからかかわる全ての人に。 もっともっと学び続け、いつか向き合い、恩返しが出来る様な国にしたいのです。

活動の軌跡

夢ネパール近況 2017年は、クラウドファンディングやマンスリーサポーター様のご支援のおかげで 4月に、2校目の夢ネパール学校を、ネパール第2の街、ビラートナガルで開校することが出来ました。これにより、学校運営に最も大切な質の高い先生の募集や研修がしやすくなりました。 1校目・・・『故郷の村』コタン学校の生徒数は197名(3歳から14歳まで) 2校目・・・『第二の街』ビラートナガル学校の生徒数は164名(3歳から12歳まで) コタン学校では、子どもたちの衛生面を向上させより良い環境で学べるよう、応援して下さる日本の方々の手によって、先生たちが自分の手で修理の出来る水洗トイレを新たに設置しました。 更に、日本の大学生が校内に図書館をつくるため、1年近くに渡りボランティアとして奮闘中です。

また、食を通じた栄養改善への取り組みにより世界中の社会的課題解決に貢献される、公益財団法人味の素ファンデーション様の協力を経て、来年から安定した給食を提供するための一大プロジェクトが始動しています。 現在、コタン学校のすぐ傍に、給食室や先生たちの寮となる建物を建設中。 「食べる」を「作る」ことから、子どもたちの成長をサポートしていきます。 https://www.youtube.com/watch?v=uS4TIGAsAV4
この他、夢ネパールでは、学校の子供たちに触れ合う機会や、 現地の生活と文化を体験する訪問プログラムを定期的に実施しています。 ボクたちの活動に共感し、助けて下さる方、マンスリーサポーター様を随時募集しております。 寄付募集のページ:https://join.youmenepal.org/donate

自治体情報

NPO法人YouMe Nepal

代表 ライ・シャラド 「国に恩返し」を胸に、ネパールの草の根から、教育やその他大切な社会インフラの あるべきデファクトスタンダード確立を夢見て、日々活動中です。

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトや毎日スポニチTAP-Iなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop