読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

 

お知らせ

EVENT

2015/12/20
アサヒビール「第10期 日本の環境を守る若武者育成塾」


記念すべき「第10期 日本の環境を守る若武者育成塾」の成果発表会・表彰式



wakamusha212月20日(日)アサヒビール本社(東京都墨田区)3階大会議室にて「第10期 日本の環境を守る若武者育成塾」(以下:若武者育成塾)の成果発表会・表彰式が行われました。初めにアサヒビール社会・環境部部長の鈴木敦子氏による挨拶。2006年より始まった「若生者育成塾」はこれまで391チーム1000人を超す学生が応募。今年は、全国63チームの応募の中から、選考によって残った7チームが8月の名古屋で合宿を行い、そこで学んだことを活かし、合宿以降どのような活動をしてきたかを発表する場と説明しました。

 


大分県立大分東高等学校 「うったちと リボベジ やらんかえ?」


 

wakamusha3「うったちと リボベジ やらんかえ?」=“私たちとリボベジやりましょう!”という意味から説明し、ゴミの減量にもつながる「リボベジ(=再生野菜)」の言葉や活動を多くの方に知ってもらうという活動を行っていることを説明。クイズ形式で楽しんでもらいながらのPRや、地元の小学校での環境教育などの啓発活動を行ったそうで、今では県民運動にもなっているそうです。審査員から「リボベジに適した野菜は?」の質問に学生は、「豆苗が適しています。向かない野菜はみず菜やカイワレなどです。」と答えました。

 

 


広島県立油木高等学校 「イノシシを活用して地域の活性化」


 

wakamusha4テーマを見るとイノシシの肉を使ってのプロジェクトかと思いましたが、肉食に適さない時期や大きさのイノシシの有効利用を考えるプロジェクトで、イノシシの皮から「にかわ」を採取し、地域のアカマツの炭から墨汁をつくり、地元の小学校で使用したり、今後は6次産業化として販売を目指す活動です。過疎化による高齢化の町でイノシシ駆除の予算を500万円も使用し、そのほとんどが食肉としてではなく廃棄している現状を知った学生が日本の文化と環境・生態系保全を結び、そして地域を活性化させるというプロジェクトを行っていることに驚きました。

 

 


青森県立柏木農業高等学校 「白神周辺地域の再生と活性化を目指して」


 

wakamusha5世界自然遺産で有名な白神山地。世界遺産の認定以外の荒れた土地を活用し、食用になる木などを植え収益も得られる広葉樹林を目指す取組を発表しました。国土交通省より、ひとつのエリアの整備許諾をえる。3haの草刈りや道づくりなどそれだけでも、かなりな労力ですが、整備中に採掘された土を、陶器用の粘土として利用できないかなどの実験も行ったそうです。結果は、製品としてはまだまだですが、これから改良していきたいとのことです。

 

 


京都府立木津高等学校 「Conntacut the Future in KIZU」


 

wakamusha6木津高校の園芸部では多岐にわたる専門的な活動があるそうなのですが、それぞれが何をしているかの情報交換が上手く出来ていなく、それを繋ぎ、各々の活動を発信することを目的として活動を開始。つなげるだけのことは簡易だと思っていましたが、容易ではないことに気づく。そこで、それぞれの活動を体験し様々な問題を体感。私たちは見えない糸で自然とつながっていることに気づいたそうです。プロジェクトは始まったばかりなので、まだ結果は出ていませんが、つなぎ役はどの場でも必要ですので、プレゼンをした学生や後輩の今後の活躍に期待しています!

 

 


大森学園高等学校 「W架け橋PJ」


 

wakamusha7「突然ですが質問です!2020年に何がありますか?」と審査委員の鈴木敦子氏に質問。場が和んだところでプレゼンを開始。今回「若武者育成塾」へ申し込むことがきっかけで、学生たちは大森学園の近くに流れる多摩川に、多摩川干潟という干潟の存在を知ったそうです。そしてその干潟付近にオリンピックに向けて橋が建設されることを知り、干潟保全への取り組みが始まりました。葛西臨海公園などから干潟の情報協力を得て、様々な生物調査を行った。干潟でカニなど様々な生物を確認したことで、干潟の役割や必要性を多くの人にPRしたいと思い、文化祭などで発表。始まったばかりのこのプロジェクトは今後も生態系調査を続け、今後は近隣の小学校や地域への発信を強化いていきたいと発表しました。

 


和歌山県信愛高等学校 「Sustainable le Agriculture」


 

wakamusha8こちらも今年から始まったプロジェクトでカンボジアの人々に「環境とくらしの両立」を普及するために動画を作成するプロジェクト。クラウドファンディングで動画作成費を捻出、英語の台本作成、英語によるナレーションも学生で行ったそうです。クラウドファンディングでは無事に予算を達成し、多くの方から協力を得て、動画を作成。和歌山県では世界農業遺産に登録された「梅プロジェクト」というものがあり、それを参考にしたモデルをカンボジアでも行ってもらえるように、カンボジアで生産されている、カシュナッツで普及する仕組みを提案も繰り込まれているそうです。12月には初めて学生たちがカンボジアに訪れ、現地の方や子どもたちとふれあう予定とのこと。最後に、この活動を引き続き行っていくために、後輩へ引き継ぐことも大切であると発表しました。

 


清風高等学校 「守ろう八尾の生態系!ニッポンパラタナゴとドビ流し」


 

wakamusha9清風高校がある八尾には400もの溜池があり、その一部には環境省のレッドリストにも指定されているニッポンバラタナゴが生息しているそうです。学生たちは月に一回、池に入り生態調査を行い、調査結果を記載したチラシを配ったり、アンケート調査を行ったりしています。アンケートでは小学生と60歳以上の方がニッポンバラタナゴを知っていると答えた人が多く、小学生では地域のNPOが環境教育などを行っているという理由、60歳以上の方の結果は、子どもの頃に沼で採っていたということです。ニッポンバラタナゴが卵を生む、ドブガイが増えることが、ニッポンバラタナゴが増えるという調査結果がでて、「ドビ流し」という八尾市で昔から行われているという伝統的な溜池浄化法も行ったそうです。清風高校では今後さらに生態系調査を行い、生物多様性の保全に役立てていく模様です。

 

 


表彰の結果、今回は最優秀賞の該当者は残念ながら出ませんでしたが。様々な賞が学生に送られました。

優秀賞+オリジナリティ賞 広島県立油木高等学校

優秀賞+プロモーション賞 大分県立大分東高等学校

イニシアティブ賞 大森学園高等学校

パートナシップ賞 和歌山信愛高等学校wakamusha11

マネジメント賞 京都府立木津高等学校

地域ソリューション賞 青森県立柏木農業高等学校

サスティナビリティ賞 清風高等学校

特別賞 大分県立大分東高等学校

 

参加者には卒塾証書と参加校にアサヒビールの社有林のヒノキ製トロフィーが送られました。

 

 


wakamusha1010回目となる若武者育成塾ですが、毎年、素晴らしい学生の活動を聞ける場として、楽しみにしております。

 若武者育成塾に参加して学生からは、合宿で他校の活動を知れたこと、計画性、人に伝えることの大切さと難しさを知ることができた。これが終だけではなくこれからがスタートなので、頑張りたい。など様々な感想を述べました。

 この取り組みは、アサヒビールの社会環境活動ではありますが、アサヒグループの社員も各校のアドバイス担当として、ボランティアも参加しています。

 


若武者育成塾のサイトはこちら⇒ http://www.asahibeer.co.jp/csr/wij/

学生も参加している若武者ブログはこちら ⇒ http://www.asahibeer.co.jp/wij/blog/

 

 

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトや毎日スポニチTAP-Iなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop