読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

イベントアーカイブ

農と食をテーマに新しい提携を実現する「青鬼サロン」開催

開催日:4月17日(木) イベントのカテゴリー:早稲田環境塾

「たかはた共生プロジェクト」の「青鬼サロン」が4月17日(木)、毎日新聞東京本社1階、メディア・カフェにてスタートしました。早稲田環境塾の目的である文化としての環境日本学実践への第1歩を画する年間企画の始動です。


 この日は中川信行たかはた共生塾塾長ら5人が、朝5時高畠を出発し、9時30分に待ち受ける早稲田環境一同、たかはた共生プロジェクトの青鬼クラブ会員と合流しました。畑の雪の下で越冬した人参、里芋、ゴボウ、伝統のコメ、酒、リンゴ、リンゴジュース、ワイン、みそ、シイタケなど奥羽山脈直下和田地区の有機無農薬農法で栽培、加工された品々が勢ぞろいしました。
午前11時に農産物直売コーナーが開店。「待ってました!」と直後にワイン半ダースをまとめ買いする女性、リンゴもあっという間に売れる盛況でした。
 午後2時からの「青鬼サロン」では、高畠に有機無農薬農法を定着させた星寛治さんと原剛早稲田環境塾塾長が講演、対談しました。対談ではこれらの課題をさらに掘り下げ、サロン参加者との質疑が活発に行われました。


早稲田環境塾と有機農業の原点である高畠町との新しい提携の取り組みである「青鬼クラブ」は、昨年の1月よりスタートし1年以上、学び合いを核とした農産物提携をテストしました。今後は、メディア・カフェでの「青鬼サロン」という都市と農村をつなぐ場を持ち、持続可能な有機農業のモデルとして実践するために、NPO法人を設立する運びとなりました。
この日は対談の後に、NPO法人「たかはた共生プロジェクト」(仮称)の発足が宣言されました。東京と高畠側の行政・企業・大学・NPO・メディアが手を携え、文化としての「農業」を守り、それを支える「食」や「暮らし方」の追求を目的とし、「青鬼クラブ」を含め、有機農業と地域をより身近に、交流を基盤にした「農のつながり事業」、自給農園の運営や、エネルギー循環型の共生社会づくりを担う「有機農業による未来創生事業」、有機農業に関わる市民の言論空間を構築する「メディア連携事業」など、多角的な有機農業の価値創造を追求します。都市側と農村側でそれぞれ共同代表、理事、事務局が選出されました。共同代表を務めるのは、対談に登壇した星寛治、原剛。副代表として高畠の中川信行、東京の吉川成美、事務局長として高畠の佐藤治一、東京の礒貝日月の紹介がなされた。


この間も農産物展示品は売れ続け、5時の閉店までにほぼ売りつくしました。6時から新聞社内社員食堂で交流パーティを楽しみました。
青鬼サロンは3・11を契機に食と農、都市と農村の持続可能な関係を創ることを目的に、早稲田大学早稲田環境学研究所から始動した「たかはた共生プロジェクト」と毎日新聞社が協働する年間に亘る斬新な試みです。
重要なことは、サロン発の情報が「毎日メディアカフェ」から発信されることです。
大学と企業を核とする社会の動態と連動しながら、農産物に限らずツーリズム、教育、ライフスタイルの変革など新たな有機農業の「提携」の可能性をとらえ、有機農業に関する言論空間を構築していきたいと願っています。
皆様の参加と支援をお願いいたします。


当日開催プログラム
11:00~  直売コーナー、“青鬼マーケット” 開始 高畠町の農家の旬のご馳走が集結!
14:00   青鬼サロン 開始
        第1シーズンテーマ:「まほろばの里、高畠への旅」
        第1回 4月17日(木)「原風景・青鬼はどこへ消えたのか」
        司会:早稲田環境塾・たかはた共生プロジェクト 吉川成美
        1.早稲田環境塾 塾長・たかはた共生プロジェクト共同代表  原 剛
          「早稲田環境塾が取り組む“たかはた共生プロジェクト”とは」
        2.たかはた共生プロジェクト代表 星寛治
          「今、“農”を問う-都市と農村をつなぐ“提携”とは何か」
16:00    対談スタート
16:20   会場からの質問
16:30   「たかはた共生プロジェクト」発足宣言
        設立趣意のご説明:早稲田環境塾・たかはた共生プロジェクト 吉川成美
        高畠側メンバー紹介:中川信行、有本仙央、佐藤治一、高橋稔
        世界の提携事例紹介:イギリスのCSA 吉川直子、
                      フランスのAMAP 石井さちこ
        今後のスケジュール発表:高畠ツアー:リンゴの花見(5月上旬)
                       青鬼農場:開墾&ソバ畑の準備(6月予定)
17:00   記念撮影&終了
18:00   交流会開催@毎日新聞社員食堂



毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop