読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

イベントアーカイブ

パレスサイドビル名店会シリーズ 「自分で淹れたコーヒーを味わおう」

開催日:6月30日(金)18:30~20:00 イベントのカテゴリー:タイアップイベント

毎日メディアカフェのイベント「パレスサイドビル名店会シリーズ・自分で淹れたコーヒーを味わおう」が6月30日、毎日新聞社が入っているパレスサイドビルの喫茶店「ティールーム花」で開かれました。


 パレスサイドビル(1966年竣工)には、テナントで構成される「パレスサイドビル名店会」(加盟41店舗)があります。毎日メディアカフェと名店会は今後、それぞれの店の特色を活かしたイベントをシリーズで開催します。第1回はパレスサイドビル名店会会長で、開業51年目の喫茶店「ティールーム花」オーナーの岡田洋明さんによるコーヒーの楽しみ方を伝えるワークショップです。


 岡田さんは東京都出身。大学卒業後、渋谷の「珈琲店トップ」で修行し、夜間調理師学校を卒業しました。32歳でパレスサイドビル「ティールーム花」に入店し、2012年に父親から店を引き継ぎました。


 コーヒーで重要なのは、まず焙煎。「花では自家焙煎ではなく、専門業者から買っています。焙煎がコーヒーの味を左右します。料理で言う仕込みですね。同じ味を同じ量作るのは大変な作業です。そこはプロに任せて、同じ味を提供するようにしています。こちらが望むブレンドを伝え、それを理解してくれる会社を探します。焙煎作業を見ましたが、温度や時間が少しでも違うと味が変わってしまいます。花のオリジナルブレンドは標準的な焙煎です」


 コーヒー豆はいろいろな種類があります。「ブレンド」は複数の種類の豆を配合します。「南米産の豆は突出した味がない、逆に言えばバランスが良くブレンドしやすい。東南アジアの豆は特徴のあるものが多い。日本では沖縄にコーヒーファームがあり、行ってみましたが、美味しかったです。花のブレンドの配合は“企業秘密”ですが(笑い)、ブラジル、コロンビア、マンデリン、モカを配合しています」


 コーヒーのひき方はどうでしょうか。花のコーヒーミルは目盛りが1~10まであります。1は細かく、10は粗い。「20年以上使っているミルです。1日に100~200杯出しますが、全く故障しません」


 次は抽出です。「1杯は豆10グラム。一番大事なのはお湯の温度で、95度Cが理想です。温度計で測る時間はないので、ガス台から下ろして、1、2、3と数えて、それからお湯を入れるとよいです。沸騰させた時間が長いと、水の成分が変わり、香り、味が変わります。蒸らしはあせらず、あわてず、ほったらかしにせずを心がけます。まず、お湯が落ちるか落ちないかというところまで入れて、ちょうどよく膨らむのが理想です。ポットは口の部分が細いもののほうが微妙なお湯の量を調節できます。お湯を注ぐ際には、最初は中央付近で回した後、徐々に外側に回します。時計回りでも反時計回りでも同じです。美味しくなれと心の中で言ってお湯を注ぎます(笑い)。水には硬水、軟水の違いがあります。水に含まれるカルシウム、マグネシウムの量が1リットルあたり100mg以上だと硬水、以下は軟水です。コーヒーには、軟水のほうが向いています」


 飲み物では、器も大事です。「温かい飲み物は陶器で出しています。重要なのが飲み口の厚みです。薄いと強く味が来ます。店では、厚めの器を使っています。紅茶を出す器は薄くなっています」


 こうした説明の後、参加者がカウンターに入って、コーヒーを淹れる実習をしました。参加者は順にミルで豆をひいて、ペーパードリップに挑戦しました。


 最初にコーヒーを淹れた広島智美さんは「カウンターの中でプロの道具を使ってコーヒーを淹れるのは貴重な経験でした。自分で淹れるのと香りが違いました」と感想を語りました。山口和美さんは「蒸らしの時に豆がふっくら大きくなったのが初めてだったので、感動しました。淹れたコーヒーは自宅で淹れるのと香りが全然違い、最高でした。自分が淹れたとは思えない味でした」と感激していました。吉田企世子さんは「自分が淹れたコーヒーと、他の方が淹れたコーヒーを飲み比べることによって、お湯の温度のわずかな違いで、味が変わることを実感しました。少し苦味を感じたり、まろやかだったり。コーヒーがとても微妙な飲み物であることを知り、感激しました」と話していました。


 こうした感想を聞いた岡田さんは「喜んでもらえてうれしい。自分にとっても良い経験になりました。今後も、美味しいコーヒーを飲んでもらえるよう努力します」と話していました。


 パレスサイドビル名店会


 https://www.facebook.com/meitenkai1966/?ref=py_c


 

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトや毎日スポニチTAP-Iなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop