読者とともにつくりだす「毎日メディアカフェ」
毎日メディアカフェでちょっと一息

  • ホーム
  • ニュース
  • 毎日メディアカフェとは
  • イベントカレンダー
  • イベントアーカイブ
  • アクセス

活動レポート

大地を守る会xパタゴニア日本支社「いわきオーガニックコットン栽培支援ツアー」

開催日:6月13日(月) イベントのカテゴリー:イベントレポート

a12016年6月12日、有機食材宅配のパイオニア・大地宅配を運営する株式会社大地を守る会(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤田和芳 以下、当社)と、パタゴニア日本支社(本社:横浜市戸塚区 支社長:辻井隆行)と共同で「いわきオーガニックコットン栽培支援ツアー」を実施し、大地を守る会とパタゴニアの社員及び関係者22名が参加しました。

移動はてんぷら油などの廃油をリサイクルしたBDF(バイオディーゼルフューエル)をつかった「天ぷらバス」(旅行代理店リボーン)を利用し、エコなボランティアツアーとなりました。

 

 

 


a2

両社が参画している「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」は20年以上にわたり福島県のいわき市を中心に古着のリサイクル業に携わってきた NPO法人ザ・ピープル (理事長:吉田恵美子)と、日本のオーガニックコットン業界を牽引している(株)avanti(代表取締役:渡邊智惠子)とが地震・津波・原発事故・放射能汚染・風評被害)により、福島県の農業を少しずつでも支援しようと2012年から始動したプロジェクトです。福島県いわき市を中心に、広野町、南相馬市など浜通りで、これまでに栽培の農作業に関わった方々の数は15,000人を超えているそうです。(2016年5月時点)

 

 

 


a3

 最初に向かったのはパタゴニアが支援している、仲野愛子さん(76歳)が管理をおこなっているオーガニックコットンの栽培地(いわき市小名浜地区)。仲野さんや「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」の吉田恵美子さんとスタッフ5名の指導のもと、コットンの苗の植え付け及び、草刈り、間引き作業を行いました。気温が高い中、ボランティアのみなさんそれぞれが自分の役割を担い、約1時間半の作業となりました。

 

 

 


a7

「毎回大勢の人が来てくれて、楽しいです。」と仲野さんがいうように、何回か参加しているボランティアの方と仲野さんとは仲良し親子のように楽しそうに作業をしていました。

 

 

 

 

 

 

 


IMG_3535午前の作業を終えた一行は午後からの作業現場でもある、大地を守る会が支援している「いわき夏井ふぁーむ」(いわき市平下地区)へ。

古民家をリフォームした「いわき夏井ふぁーむ」(代表:小林勝弥)にて昼食。食後は奥様の小林未知さんが東日本大震災時のお話しや、大地を守る会さんとの関係などをお話ししました。2011年3月11日は大地を守る会に初めて春菊を出荷する予定でしたが、津波により、収穫前に春菊畑が飲み込まれ、収穫すらできない状況になったそうです。

 

 

 


IMG_3546小林さんらは、避難所や親せきの家に避難し、約1か月後に帰宅しました。これまで育てた野菜含め、出荷が全くできなくなり、そして、所有する畑も塩害に置かされた状況、その時、大地を守る会が塩害の畑を緩和する支援を行ったそうです。そのおかげもあり、今では大地を守る会に農産物を出荷できるようになったそうです。

 

 

 

 

 


 

IMG_3547食後は「いわき夏井ふぁーむ」のオーガニックコットン栽培地にて、下草刈り、除伐、水路作りなどの作業を行いました。下草刈りや間引き作業は午前と同じ作業なのでみなさん慣れた手つきで作業していましたが、水路つくりはクワで土を掘り起こし、外に土を運ぶ作業。普段使うことのない道具だけに、最初は苦労していました。

 約2時間の作業を終えた一行は地元のお風呂に入り、汗を流し帰り路に。

 

 

 

 


 参加したボランティアの方々は

「農家の方々の笑顔がすごく印象的で、食の大切さを教えてもらいました。」

「普段体験できない農作業を体験でき楽しかった」

「土づくりの大切さ、大変さを学んだ」

「コットンつくりの現場を見ることができ良かった」

「普段接する機会がない生産者と話ができて良かった」

「震災から5年経った今でも、色々な問題があり、それに向き合い生活していることがわかった」

親子で参加し、今回最年少の平田篤人君(12歳)は「原発、津波の被害にあった人から直接お話しを聞けてすごく良かった。被災している人と一緒に考えることも復興の第一歩だと思いました。」と感想を述べました。

 

今回、伺った仲野愛子さん、小林勝弥さんが共通して参加者にお話ししたことは「みなさんが今日、世話をしてくれたコットンは、私たちが守りますから、是非また来てください。」という言葉でした。

 皆さんで栽培し育てたオーガニックコットンは「いわきおてんとSUN」が製品化・販売しています。

 

次回両社での「いわきオーガニックコットン栽培支援ツアー」は9月3日(土)、11月3日(木)を予定。


 

株式会社大地を守る会

パタゴニア日本支社

「天ぷらバス」ツアー リボーン

NPO法人ザ・ピープル

いわき夏井ふぁーむ

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

いわきおてんとSUN

 

IMG_3523

IMG_3552IMG_3524IMG_3536


 

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日メディアカフェでちょっと一息

毎日新聞東京本社1階にある「MOTTAINAI STATION」を毎日メディアカフェとして午前11時から午後6時(イベント開催日は午後8時30分)まで開放しています。新聞や雑誌を読んだり、タブレット端末で毎日新聞ニュースサイトや毎日スポニチTAP-Iなどを検索したりできます。イベントは全て無料で参加できます(予約制、申し込み順)。

松田まどかのCSR担当者レポート

松田まどかの団体レポート

学びのフェス2017夏

NPO/NGO活動紹介

自治体による企業との取組

次世代を担う学生の活動紹介

活動レポート

毎日メディアカフェとは

毎日メディアカフェを使ってみませんか

協賛されたい企業の方へ

毎日LIVE

プレシーズ

学びのフェス2017夏

EVENT CALENDAR

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


関連リンク

毎日新聞

小学生新聞

15歳のニュース

15歳のニュース

MOTTAIANAI

毎日新聞 愛読者セット

イーソリューション

プレシーズ

ページtop